« G1好走へのパスポート | Main | 異例のダービー連対馬ワンツー »

09/24/2010

4着敗退も視界良好

「オークス→ローズステークス→秋華賞」は、3歳牝馬の本流ステップ。オークス連対馬の多くももちろん、この路線を歩む。では、トライアルの成績は本番とどれほど関連性があるのか。オークス連対後、ローズステークスから秋華賞に臨んだ馬は過去12頭。その実績は以下のとおりである。

97年ナナヨーウイング  オークス2着→ローズS11着→秋華賞18着
99年トゥザヴィクトリー オークス2着→ローズS4着→秋華賞13着
00年シルクプリマドンナ オークス1着→ローズS4着→秋華賞10着
00年チアズグレイス   オークス2着→ローズS5着→秋華賞4着
01年ローズバド     オークス2着→ローズS2着→秋華賞2着
03年スティルインラブ  オークス1着→ローズS5着→秋華賞1着
04年スイープトウショウ オークス2着→ローズS3着→秋華賞1着
05年エアメサイア    オークス2着 ローズS1着→秋華賞1着
06年フサイチパンドラ  オークス2着→ローズS3着→秋華賞3着
07年ベッラレイア    オークス2着→ローズS2着→秋華賞4着
08年トールポピー    オークス1着→ローズS6着→秋華賞10着
09年レッドディザイア  オークス2着→ローズS2着→秋華賞1着
10年アパパネ      オークス1着→ローズS4着→?

関連性は大いにあり。トライアルで好走した馬は本番でも好走し、トライアルで凡走した馬は本番でも凡走する。非常に分かりやすい。
ローズステークスで3着以内の6頭は、秋華賞で2、1、1、3、4、1着。唯一馬券圏外に飛んだベッラレイアも、ダイワスカーレット(1着)、ウオッカ(3着)というバケモノがいたことを思えば好走の部類だろう。
そして、ローズステークスで4着以下の6頭は、18、13、10、4、1、10着とほぼ壊滅状態。ローズステークス4着のアパパネには一見、不安なデータだが、唯一の例外がスティルインラブであることが心強い。スティルインラブもアパパネと同じく、チューリップ賞2着から春2冠を制した馬。トライアルは叩き台に徹することが、3冠への王道なのもしれない。

一方、牝馬3冠目同様、関西でのトライアルが1レースだけとなった牡馬3冠目はどうか。00年以降、神戸新聞杯と菊花賞に出走したダービー連対馬の実績は以下のとおり。

00年アグネスフライト  ダービー1着→神戸新聞杯2着→菊花賞5着
00年エアシャカール   ダービー2着→神戸新聞杯3着→菊花賞1着
01年ダンツフレーム   ダービー2着→神戸新聞杯4着→菊花賞5着
03年ネオユニヴァース  ダービー1着→神戸新聞杯3着→菊花賞3着
03年ゼンノロブロイ   ダービー2着→神戸新聞杯1着→菊花賞4着
04年ハーツクライ    ダービー2着→神戸新聞杯3着→菊花賞7着
05年ディープインパクト ダービー1着→神戸新聞杯1着→菊花賞1着
06年メイショウサムソン ダービー1着→神戸新聞杯2着→菊花賞4着
06年アドマイヤメイン  ダービー2着→神戸新聞杯7着→菊花賞3着
07年アサクサキングス  ダービー2着→神戸新聞杯2着→菊花賞1着
08年スマイルジャック  ダービー2着→神戸新聞杯9着→菊花賞16着
09年リーチザクラウン  ダービー2着→神戸新聞杯2着→菊花賞5着
10年エイシンフラッシュ ダービー1着→神戸新聞杯?
10年ローズキングダム  ダービー2着→神戸新聞杯?

神戸新聞杯も菊花賞も馬券圏外に飛んだのは、ダンツフレームとスマイルジャックの2頭だけ。どちらかでも掲示板を外したのは、ハーツクライ、アドマイヤメイン、スマイルジャックの3頭だけ。ローズステークスと秋華賞のような分かりやすい関連性は見当たらない。
怪物ディープインパクトを除けば、牝馬も牡馬も、トライアルを勝ちきったのはわずか1頭。実績上位馬のひと叩きというやつか。今年は4年ぶりにダービー連対馬が揃って神戸新聞杯に出走。4年前のメイショウサムソンとアドマイヤメインは2、7着だったが、今年のエイシンフラッシュとローズキングダムははたして…。

|

« G1好走へのパスポート | Main | 異例のダービー連対馬ワンツー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/49546741

Listed below are links to weblogs that reference 4着敗退も視界良好:

« G1好走へのパスポート | Main | 異例のダービー連対馬ワンツー »