« 唯一の古馬別定2000mG3 | Main | 2冠馬は妙味薄 »

09/16/2011

走るのは娘ばかりのファルブラヴ

今年も牝馬が牡馬を圧倒した夏競馬。サマー2000シリーズは牝馬が初優勝をはたし、スプリントの方は5戦全勝でシリーズ6連覇。前回牝馬が全勝した第1回(2006年)は5レースすべて異なる馬が制したが、今年は初めて2勝馬が2頭。エーシンヴァーゴウが最終戦でカレンチャンをうっちゃった。
そのエーシンヴァーゴウの父はファルブラヴ。実はこの種牡馬、出世しているのは牝馬ばかりという、まれにみる牝馬偏重サイヤーである。これまで送り出した準オープン以上の産駒は12頭いるが、そのうちなんと11頭が牝馬。準オープンまで行ったグローリーシーズは4歳以降はセン馬となったから、厳密に牡馬の出世頭となると、先週中山で500万条件を勝った現4歳のブレイクチャンスということなる。
目下ファルブラヴ産駒のオープン馬はすべて牝馬。収得賞金順に以下の6頭だ。

エーシンヴァーゴウ 4歳 6,650万 アイビスSD セントウルS
ダンスファンタジア 3歳 2,750万 フェアリーS
ブルーミンバー   6歳 2,450万
スピードリッパー  3歳 2,200万
フォーエバーマーク 3歳 1,850万
ワイルドラズベリー 4歳 1,675万

ファルブラヴ産駒の勝ち馬頭数は、牡馬・セン馬が「32頭」で、牝馬が「28頭」。わずかに牡馬・セン馬が上回っているが、勝利数となると前者が「52勝」、後者が「65勝」で、牝馬の勝ち越し。上級クラスは牝馬一色なのだから、当然と言えば当然だ。
現在リーディング上位15頭の「通算勝利数性別内訳」は以下のとおり。数字は順に、牡馬・セン馬の勝利数、牝馬の勝利数、牝馬の割合。牝馬の割合の高い順に並べてみた。

クロフネ       343勝 272勝 .442
フジキセキ      650勝 512勝 .441
ゼンノロブロイ     74勝  48勝 .393
スペシャルウィーク  381勝 252勝 .389
アグネスタキオン   414勝 255勝 .381
タニノギムレット   168勝 103勝 .380
ディープインパクト   84勝  45勝 .349
サクラバクシンオー  753勝 367勝 .328
マンハッタンカフェ  326勝 147勝 .311
シンボリクリスエス  299勝 135勝 .311
ネオユニヴァース   184勝  81勝 .306
ダンスインザダーク  661勝 283勝 .300
キングカメハメハ   317勝 132勝 .294
ジャングルポケット  220勝  91勝 .293
ステイゴールド    225勝  87勝 .279

「牡馬<牝馬」という種牡馬は皆無。15頭トータルでは、牡馬・セン馬が5,099勝、牝馬が2,810勝で、牝馬の割合は.355。ファルブラヴの.556はどう考えても異常だ。POGでファルブラヴ産駒を指名するなら牝馬のみ。間違っても牡馬でダービーなんぞを狙ってはいけない。
今週はセントライト記念に藤沢厩舎所属の良血馬、ラヴェルソナタが出走。2着に入ればファルブラヴ牡馬初のオープン入りという快挙だが、今年はいつになく好メンバー。掲示板に載れば御の字か…。

|

« 唯一の古馬別定2000mG3 | Main | 2冠馬は妙味薄 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/52743866

Listed below are links to weblogs that reference 走るのは娘ばかりのファルブラヴ:

« 唯一の古馬別定2000mG3 | Main | 2冠馬は妙味薄 »