« G1大本命まさかの完敗 | Main | ディープ産駒3連勝の壁 »

02/29/2012

「出戻りマル地馬」東西重賞制覇

先週日曜の東西重賞は、いずれも地方出身馬、いわゆる「マル地馬」が制覇。これはグレード制導入以降、3回目の快挙である。もっとも、フェデラリストもマジンプロスパーも、近年よく見かける「出戻り組」。故障やデビューの遅れが原因で、3歳未勝利戦が終了する9月までに勝ち上がれなくなったため、一旦地方に転出し、そこで勝ってから中央に復帰した馬だ。当然、その手の馬の多くは、陣営の期待がもとより高い良血馬。「地方出身」といっても、ハイセイコーやオグリキャップとはまったく別物。古き良き「ロマン」が入り込む余地などまるでない。
オグリキャップ引退の翌年、1991年以降のJRA平地重賞を制したマル地馬は以下の26頭。赤字は出戻り組だ。

ショウリテンユウ  91年中日新聞杯
キリサンシー    91年日経賞
トモエリージェント 91年根岸S 92年ダービー卿CT 93年ダービー卿CT
ユキノビジン    93年クイーンS
シマノヤマヒメ   94年中京記念
オグリローマン   94年桜花賞
スガノオージ    95年毎日王冠
パルブライト    97年新潟記念 98年函館記念
ジョーディシラオキ 00年チューリップ賞
グランドシンザン  01年愛知杯
トウカイポイント  02年中山記念 02年マイルCS
アローキャリー   02年桜花賞
タカラシャーディー 03年毎日杯
プリサイスマシーン 03年中日新聞杯 04年中日新聞杯 06年スワンS 07年阪急杯
トーセンダンディ  04年オールカマー
メジロマントル   05年鳴尾記念
シーキングザベスト 06年武蔵野S
アグネスラズベリ  07年函館スプリントS
イナズマアマリリス 08年ファンタジーS
アーバニティ    09年オーシャンS
ダンスアジョイ   09年小倉記念
ミリオンディスク  09年カペラS
ゴルトブリッツ   11年アンタレスS
アドマイヤコスモス 11年福島記念
フェデラリスト   12年中山金杯 12年中山記念
マジンプロスパー  12年阪急杯

今や強いマル地馬はすべて出戻り組。地方競馬の衰退とともに、強い「純」地方馬は少なくなり、地方は中央の「2軍」と化しつつある。実際、地方所属のいわゆる「カク地馬」は、コスモバルク以降パッとせず、モエレジーニアスとハートオブクィーンが函館2歳ステークスを、ネイティヴハートがオーシャンステークスを勝ったのみだ。
最後にマル地馬が中央のG1を制したのは2002年。マル地の皮を被った良血好素質馬がこれだけ増えてくれば、そろそろ一発あっても不思議はない。さしずめその有力候補は、先週の勝ち馬2頭だろう。特に、父Empire Maker、母ダンスパートナーのフェデラリストは大物感たっぷりで、未対戦の一線級との手合わせが大いに楽しみになった。

|

« G1大本命まさかの完敗 | Main | ディープ産駒3連勝の壁 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/54109623

Listed below are links to weblogs that reference 「出戻りマル地馬」東西重賞制覇:

« G1大本命まさかの完敗 | Main | ディープ産駒3連勝の壁 »