« 女の特権?追い込んで圧勝 | Main | 父待望の大物娘現る »

02/01/2013

なるかサードクロップ重賞初制覇

空前にしておそらく絶後の記録をいくつも打ち立てたスーパーサイヤー、サンデーサイレンスも、不思議と「年度代表馬」とは縁遠い。その栄誉に浴した産駒は、ゼンノロブロイ(04年)と、ディープインパクト(05~06年)のわずか2頭。しかし最良後継種牡馬ディープインパクトは、サイヤーデビュー3年目で早くも年度代表馬を送り出し、初のJRAリーディングサイヤーに輝いた。さらに同種牡馬は、デビューから3年連続でJRA2歳リーディングサイヤーの座も獲得。これは偉大な父もなし得なかった快記録だ。
ところが現3歳(2010年産)のサードクロップは、いまだ重賞を勝っていない。札幌2歳ステークスから京成杯までの重賞に出走した産駒とその成績は以下のとおりである。

札幌2歳S   ラウンドワールド  1番人気2着
デイリー杯   タイセイドリーム  8番人気6着
アルテミスS  アユサン      4番人気2着
        バリローチェ    2番人気17着
ファンタジーS ディアマイベイビー 3番人気9着
京王杯     タイセイドリーム  12番人気4着
東スポ杯    サトノノブレス   2番人気6着
阪神JF    アユサン      4番人気7着
        ディアマイベイビー 8番人気9着
ラジオNIKKEI杯 キズナ       2番人気3着
京成杯     マイネルストラーノ 6番人気8着

のべ11頭のうち7頭が馬券圏外に沈み、馬券圏内はわずか3頭。1番人気に支持されたのはラウンドワールドしかいない。
現5歳(08年産)のファーストクロップと、現4歳(09年産)のセカンドクロップの2~3歳重賞ウィナーは以下のとおり。

2008年産駒
ダノンバラード  ラジオNIKKEI杯
トーセンラー   きさらぎ賞   
マルセリーナ   桜花賞     
フレールジャック ラジオNIKKEI賞 
ボレアス     レパードS   

2009年産駒
ジェンティルドンナ シンザン記念 桜花賞 オークス ローズS 秋華賞
ディープブリランテ 東スポ杯 ダービー
ワールドエース   きさらぎ賞
ベストディール   京成杯
ファイナルフォーム ラジオNIKKEI賞
ヒストリカル    毎日杯
トーセンホマレボシ 京都新聞杯
ジョワドヴィーヴル 阪神JF
ヴィルシーナ    クイーンC
アダムスピーク   ラジオNIKKEI杯

こうして並べてみると、セカンドクロップのレベルの高さが際立っている。種牡馬ディープインパクトは、セカンドクロップから完全本格化したのか、それとも、09年はたまたま「豊作」の年だったのか。現3歳世代の今後の走りに要注目だ。
まずは、有力3頭が出走する今週のきさらぎ賞。インパラトール、ラストインパクト、リグヴェーダのいずれかが先頭でゴールすれば、ファーストクロップからの3連覇を達成し、牡馬クラシック有力候補が誕生することになりそうだが、はたして…。

|

« 女の特権?追い込んで圧勝 | Main | 父待望の大物娘現る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/56672917

Listed below are links to weblogs that reference なるかサードクロップ重賞初制覇:

« 女の特権?追い込んで圧勝 | Main | 父待望の大物娘現る »