« 重賞4戦連続2着の離れ業 | Main | 主役に返り咲く圧勝劇 »

03/22/2013

2歳王者&3歳王者好発進

先週日曜の重賞は、東西ともに「絶えて久しい王道決着」。スプリングステークスは前年最優秀2歳牡馬が、阪神大賞典は前年最優秀3歳牡馬がいずれも1番人気にきっちり応えた。
2歳G1が東西のチャンピオン決定戦から実質、牡牝のチャンピオン決定戦に替わった91年以降、皐月賞トライアルを制した朝日杯勝ち馬は以下のとおり。

ミホノブルボン   92年スプリングS1着→皐月賞1着
ナリタブライアン  94年スプリングS1着→皐月賞1着
フジキセキ     95年弥生賞1着   →皐月賞不出走
バブルガムフェロー 96年スプリングS1着→皐月賞不出走
エイシンチャンプ  03年弥生賞1着   →皐月賞3着
ロゴタイプ     12年スプリングS1着→皐月賞?

フジキセキ、バブルガムフェローが皐月賞に出走していれば、まず勝ち負けだったはず。皐月賞トライアルを順当勝ちした2歳王者の本番好走確率はきわめて高い。
ロゴタイプにとって心強いもうひとつのデータは、朝日杯を7番人気で勝っていること。86年以降、同レースを4番人気以下で制した馬は以下のとおり。

89年5番人気 アイネスフウジン →皐月賞2着→ダービー1着
99年4番人気 エイシンプレストン→クラシック不出走
00年10番人気 メジロベイリー  →クラシック不出走
02年8番人気 エイシンチャンプ →皐月賞3着
03年4番人気 コスモサンビーム →NHKマイルC2着
10年5番人気 グランプリボス  →NHKマイルC1着
12年7番人気 ロゴタイプ    →?

3歳春のG1に出走した4頭はすべて馬券圏内に来ており、うち2頭は戴冠。ロゴタイプがどこかで3着以内に来る可能性も高そうだ。

一方、86年以降、阪神大賞典を制した前年クラシックウィナーは以下のとおり。

91年メジロマックイーン→天皇賞春1着
95年ナリタブライアン →天皇賞春不出走
99年スペシャルウィーク→天皇賞春1着
00年テイエムオペラオー→天皇賞春1着
01年ナリタトップロード→天皇賞春3着
06年ディープインパクト→天皇賞春1着
13年ゴールドシップ  →天皇賞春?

また、1番人気で阪神大賞典を制した馬は以下のとおり。

88年タマモクロス   →天皇賞春1着
91年メジロマックイーン→天皇賞春1着
92年メジロマックイーン→天皇賞春1着
94年ムッシュシェクル →天皇賞春3着
95年ナリタブライアン →天皇賞春不出走
97年マヤノトップガン →天皇賞春1着
98年メジロブライト  →天皇賞春1着
00年テイエムオペラオー→天皇賞春1着
01年ナリタトップロード→天皇賞春3着
02年ナリタトップロード→天皇賞春3着
03年ダイタクバートラム→天皇賞春3着
04年リンカーン    →天皇賞春13着
06年ディープインパクト→天皇賞春1着
13年ゴールドシップ  →天皇賞春?

ゴールドシップの天皇賞勝ち負けは、ロゴタイプの春G1好走より堅い。
来週の産経大阪杯にはオルフェーヴルが出走。86年以降、同レースから臨んで天皇賞春を制した馬は、テイエムオペラオー(01年)、ヒシミラクル(03年)、メイショウサムソン(07年)、ヒルノダムール(11年)の4頭しかいないが、はたして…。

|

« 重賞4戦連続2着の離れ業 | Main | 主役に返り咲く圧勝劇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/57007477

Listed below are links to weblogs that reference 2歳王者&3歳王者好発進:

« 重賞4戦連続2着の離れ業 | Main | 主役に返り咲く圧勝劇 »