« 明暗分けた(?)コンマ1倍差 | Main | ダービー惨敗馬の重賞制覇 »

06/06/2013

牡馬春2冠同着順敗退

皐月賞はロゴタイプただ1頭、ダービーはキズナただ1頭の後塵を拝したエピファネイア。ダービーのフルゲートが皐月賞と同じく現在の18頭になった92年以降、牡馬の春2冠をともに2着に敗れた馬は以下のとおり。

93年 ビワハヤヒデ  2番人気2着→2番人気2着
01年 ダンツフレーム 3番人気2着→3番人気2着
13年 エピファネイア 2番人気2着→3番人気2着

ビワハヤヒデはその後、菊花賞、天皇賞春、宝塚記念を、ダンツフレームは宝塚記念を制覇。エピファネイアもG1ホースの座は約束されたも同然か。秋は、適性重視なら天皇賞、空き巣狙いなら菊花賞。折り合いさえつけば、最後の1冠はあっさりとみるが…。

今年はエピファネイアのほかにもう1頭、ダービーも皐月賞と同じ着順だった馬がいる。「6着→6着」のテイエムイナズマだ。92年以降、牡馬の春2冠を同じ着順で敗れた馬は、3着以下では以下のとおり。

95年 オートマチック   11番人気3着→8番人気3着
   ホッカイルソー   2番人気4着→4番人気4着
   マイネルブリッジ  10番人気7着→10番人気7着
   イブキインターハイ 9番人気12着→12番人気12着
   マイネルガーベ   16番人気13着→15番人気13着
96年 メイショウジェニエ 9番人気3着→9番人気3着
98年 タヤスアゲイン   6番人気8着→7番人気8着
99年 ヤマニンアクロ   10番人気10着→12番人気10着
02年 ファストタテヤマ  12番人気15着→15番人気15着
09年 アーリーロブスト  10番人気16着→18番人気16着
13年 テイエムイナズマ  16番人気6着→16番人気6着

同年に「同着順敗退馬」が2頭いるくらいで驚いてはいけない。サンデーサイレンスファーストクロップがクラシック世代となった95年は、なんと5頭を数える。こんな年は空前にしておそらく絶後だろう。惜しかった(?)のは1、2着馬。皐月賞馬ジェニュインがダービー2着で、皐月賞2着馬タヤスツヨシがダービー1着。この2頭も2冠同着順だったら、18頭中7頭、1着から4着までが同着順になっていたところだ。

テイエムイナズマが立派なのは、「人気順マイナス着順」が2レースとも「10」で、上記11頭中最高であること。2レースとも低評価を覆して3着に来たオートマチックとメイショウジェニエも大したものだが、テイエムイナズマの激走ぶりも普通ではない。また、マイル重賞の勝ち馬ながら、毎日杯以降は距離が伸びるごとに着差を詰めている点も興味深い。父はディープインパクトの全兄ブラックタイド。キズナ不在の菊花賞は、掲示板どころか馬券圏内も期待できそうだ。

|

« 明暗分けた(?)コンマ1倍差 | Main | ダービー惨敗馬の重賞制覇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/57538903

Listed below are links to weblogs that reference 牡馬春2冠同着順敗退:

« 明暗分けた(?)コンマ1倍差 | Main | ダービー惨敗馬の重賞制覇 »