« ダービー惨敗馬の重賞制覇 | Main | まだまだこれからディープ古馬 »

06/19/2013

クラブの意地か個人の勢いか

4強対決と言っても3頭が同じ勝負服じゃなあ…と思っていたら、オルフェーヴルの回避で「サンデーレーシング2頭VSゴールドシップ」の3強対決に。「絵面」は多少マシになったが、聞けば、ゴールドシップもすでに社台スタリオンステーション入りの交渉が進められているとか。社台グループの立場に立てば、4頭、特に未来の種牡馬3頭がキャリアに傷をつけ合うガチンコ対決はできるだけ避けたいはず。最も「負けるわけにはいかない」馬であるオルフェーヴルがリタイアしてくれたのは、これ幸いだったのではあるまいか。同時期同路線に大物をここまで抱えてしまうのも、なかなか難儀なことである。

もっとも、今年はここまで社台系クラブ(社台レースホース・サンデーレーシング)の重賞実績はパッとしない。特に、過去2年、3冠馬を送り出したサンデーレーシングの落ち込みが大きい。近3年のそれぞれのJRA重賞勝ち実績は以下のとおり。

社台レースホース
2011年 7勝
ファアリーS   ダンスファンタジア
京成杯      フェイトフルウォー
阪急杯      マルセリーナ
セントライト記念 フェイトフルウォー
札幌2歳S    グランデッツァ
阪神カップ    サンカルロ

2012年 9勝
中山金杯    フェデラリスト
京成杯     ベストディール
中山記念    フェデラリスト
スプリングS  グランデッツァ
阪神大賞典   ギュスターヴクライ
マーチS    サイレントメロディ
ラジオNIKKEI賞 ファイナルフォーム
小倉記念    エクスペディション
阪神カップ   サンカルロ

2013年(6/16現在)3勝
東海S     グレープブランデー
フェブラリーS グレープブランデー
マーメイドS  マルセリーナ

サンデーレーシング
2011年 14勝
日経新春杯   ルーラーシップ
チューリップ賞 レーヴディソール
スプリングS  オルフェーヴル
皐月賞     オルフェーヴル
金鯱賞     ルーラーシップ
ダービー    オルフェーヴル
阪神ジャンプS クランエンブレム
神戸新聞杯   オルフェーヴル
京都大賞典   ローズキングダム
菊花賞     オルフェーヴル
東京スポーツ杯 ディープブリランテ
ジャパンカップ ブエナビスタ
阪神JF    ジョワドヴィーヴル
有馬記念    オルフェーヴル

2012年 18勝
シンザン記念   ジェンティルドンナ
アメリカJCC  ルーラーシップ
京都牝馬S    ドナウブルー
きさらぎ賞    ワールドエース
桜花賞      ジェンティルドンナ
青葉賞      フェノーメノ
東海S      ソリタリーキング
オークス     ジェンティルドンナ
ダービー     ディープブリランテ
マーメイドS   グルヴェイグ
宝塚記念     オルフェーヴル
関屋記念     ドナウブルー
札幌2歳S    コディーノ
ローズS     ジェンティルドンナ
セントライト記念 フェノーメノ
秋華賞      ジェンティルドンナ
東京スポーツ杯  コディーノ
ジャパンカップ  ジェンティルドンナ

2013年(6/16現在)4勝
京成杯   フェイムゲーム
日経賞   フェノーメノ
産経大阪杯 オルフェーヴル
天皇賞春  フェノーメノ

サンデーレーシングのような「直轄」ではないが、同クラブと同じノーザンファーム系の「キャロットファーム」も今年は重賞で振るわず、一昨年11勝、昨年7勝だったのが、目下なんと0勝。エピファネイアでの牡馬クラシック初制覇もならなかった。
ちなみに今年ここまでの重賞最多勝馬主は、キズナで3勝、クラレントで2勝、ヒットザターゲットで1勝をあげている前田晋二氏。全9勝のうち6勝が重賞というのだから驚きだ。

景気がいい時代なら、良質産駒はクラブに下ろすより、庭先やセールで個人馬主に売った方が儲かるはず(ただし近年は「ダーレー」に買い漁られるのを回避するためセレクトセールに超A級馬は上場していないとも言われるが)。今年ここまでの社台系クラブの不振が産駒レベルと関係あるかどうかは分からないが、個人馬主の成績が景気と無関係でないことは間違いあるまい。
5世代ぶりにダービーまでの世代限定G1を未勝利に終わったサンデーレーシングが、天皇賞春に続いて古馬王道G1の牙城を守るのか。それとも、またまた個人馬主の所有馬がアベノミクス効果に乗って(?)上半期を締めくくるのか、要注目だ。

|

« ダービー惨敗馬の重賞制覇 | Main | まだまだこれからディープ古馬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/57622386

Listed below are links to weblogs that reference クラブの意地か個人の勢いか:

« ダービー惨敗馬の重賞制覇 | Main | まだまだこれからディープ古馬 »