« トーセンラーの離れ業 | Main | クラシックからダートへ »

11/28/2013

G1強しディープ産駒

今年も残すところ1開催。目下110勝台が4人いるジョッキーのリーディング争いは依然、混戦模様だが、リーディングサイアーはディープインパクトの2年連続トップがほぼ確定。2年連続200勝もあと14勝に迫った。
今年のディープインパクトの実績で興味深いのは、現時点の勝ち星が昨年の通算勝ち星より30勝少ないにもかかわらず、入着賞金の方はすでに昨年を上回っていることだ。ただし現時点の重賞実績「18-18-17-112」は、昨年の重賞通算実績「18-25-23-99」を下回っている。その差をすべて下級条件の実績で埋め合わせたと考えるのは少々無理があるから、目を向けるべきは最上級条件のレース。すなわちG1実績である。昨年と今年の平地G1で掲示板に載った産駒は以下のとおり。

2012年
桜花賞   1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ
皐月賞   2着ワールドエース 3着ディープブリランテ
Vマイル  2着ドナウブルー 3着マルセリーナ
オークス  1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ
ダービー  1着ディープブリランテ 3着トーセンホマレボシ 4着ワールドエース
宝塚記念  5着マウントシャスタ
秋華賞   1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ
菊花賞   4着ベールドインパクト
エ女王杯  2着ヴィルシーナ 3着ピクシープリンセス
マイルCS 3着ドナウブルー 5着リアルインパクト
ジャパンC 1着ジェンティルドンナ

2013年
桜花賞   1着アユサン 2着レッドオーヴァル
皐月賞   4着カミノタサハラ
天皇賞春  2着トーセンラー
Vマイル  1着ヴィルシーナ 4着ジョワドヴィーヴル 5着ドナウブルー
オークス  2着エバーブロッサム 3着デニムアンドルビー 4着アユサン
ダービー  1着キズナ
安田記念  3着ダノンシャーク
宝塚記念  2着ダノンバラード 3着ジェンティルドンナ 5着トーセンラー
秋華賞   2着スマートレイアー 4着デニムアンドルビー
菊花賞   2着サトノノブレス 4着ラストインパクト
天皇賞秋  2着ジェンティルドンナ
エ女王杯  2着ラキシス 5着デニムアンドルビー
マイルCS 1着トーセンラー 3着ダノンシャーク 5着ドナウブルー
ジャパンC 1着ジェンティルドンナ 2着デニムアンドルビー

昨年は11レースに47頭が出走して20頭が掲示板に載り、「5-6-5-2-2」、勝率.106、連対率.234、複勝率.340。
今年は14レースに41頭が出走して27頭が掲示板に載り、「5-9-4-5-4」、勝率.122、連対率.341、複勝率.439。
一目瞭然、今年はG1出走馬の「質」が向上している。掲示板に載れなかったフェブラリーステークス、高松宮記念、NHKマイルカップ、スプリンターズステークスは、出走自体がなかった「格下G1」。そんなところも初期のSSを彷彿させるから面白い。
今週のジャパンカップダートはフェブラリーステークス同様、眼中にないため(?)、出走馬はいないが、阪神ジュベナイルフィリーズにはハープスター、有馬記念にはキズナという大物が控えている。2013年のG1は最後の最後までディープインパクト産駒から目が離せない。

|

« トーセンラーの離れ業 | Main | クラシックからダートへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/58661902

Listed below are links to weblogs that reference G1強しディープ産駒:

« トーセンラーの離れ業 | Main | クラシックからダートへ »