« 連続惨敗馬のトライアル制覇 | Main | 前走二桁着順馬のG1制覇 »

05/15/2014

種牡馬別重賞1~3着内訳

ウインバリアシオンの天皇賞春2着に続いてマジェスティハーツが新潟大賞典2着。ハーツクライ産駒は重賞2着が多いんじゃないかと思って調べてみた。主なSS系サイヤーの重賞好走(3着以内)時の着順内訳は以下のとおりである。

サンデーサイレンス 311-281-266
フジキセキ      61- 55- 55
ディープインパクト  60- 67- 68
ステイゴールド    58- 27- 23
アグネスタキオン   51- 45- 38
ダンスインザダーク  46- 54- 64
マンハッタンカフェ  32- 42- 47
スペシャルウィーク  32- 34- 27
ネオユニヴァース   21- 14- 13
ハーツクライ     15- 24- 13
ダイワメジャー    14- 11- 16
ゼンノロブロイ    12- 22- 17

大御所サンデーサイレンスの傾向は、緩やかな「1着>2着>3着」。これに最も近いのがアグネスタキオン。SS系以外では「29-26-20」のジャングルポケットが同タイプ。

フジキセキ、ステイゴールド、ネオユニヴァースは「1着>2着≒3着」。中でも目を引くのが、1着が突出して多いステイゴールド。現役時代の「4-7-7」が嘘のような変身ぶりである。このタイプの種牡馬の産駒は、単勝や1着固定馬券が狙い目だろう。

ディープインパクトは「1着<2着≒3着」。産駒は父譲りの末脚が武器だが、SS産駒ほどの爆発力がないため2、3着が多いのかも。SS系以外では「61-70-72」のトニービンが同タイプ。

サンデーサイレンスとは逆の「1着<2着<3着」の傾向を示すのがダンスインザダーク。マンハッタンカフェはこれとディープインパクトタイプの中間というところ。

ハーツクライはやはり2着が多かった。ゼンノロブロイや「23-34-18」のクロフネが同タイプ。この手の種牡馬の産駒を頭から狙うのは、統計的にはややリスキーということだ。

SS系以外の種牡馬で独特の傾向を示すのが、「80-80-57」のブライアンズタイム。ステイゴールドが「勝つか馬券圏外か」の淡白タイプなら、こちらは「好走するときは勝ち負けまでもってくる」底力タイプと言うべきか。「55-41-60」と2着だけ少ないキングカメハメハ、「25-22-24」と1~3着がほぼ均等なシンボリクリスエスもなかなかユニーク。

ヴィクトリアマイルにはディープインパクト産駒が7頭出走。その1頭、スマートレイアーがおそらく1番人気となり、デニムアンドルビー、ウリウリも上位人気に支持されそう。たとえ勝ちきれなくても3着以内は確保するとみるが、はたして…。

|

« 連続惨敗馬のトライアル制覇 | Main | 前走二桁着順馬のG1制覇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/59647623

Listed below are links to weblogs that reference 種牡馬別重賞1~3着内訳:

« 連続惨敗馬のトライアル制覇 | Main | 前走二桁着順馬のG1制覇 »