« 歴史的連続惨敗 | Main | 牝馬人気独占重賞 »

07/04/2014

武豊初のG1シンガリ人気

ゴールドシップが史上初の宝塚記念連覇を達成。これでJRA・G1タイトルは「5」 となり、グレード制導入以降、芦毛馬としてはオグリキャップ、メジロマックイーンを抜いて最多となった。
その陰で、ゴールドシップの母の父でもあるメジロマックイーンの主戦、武豊が自身初の経験をしたことをご存じだろうか。騎乗馬は12頭立て12番人気のヒットザターゲット。同騎手がJRA・G1でシンガリ人気馬に騎乗したのは、これが初めてだったのである。G1だけでなく重賞まで範囲を広げても、過去2回しかない珍事だ。

92年京都新聞杯   バンブーゲネシス  10頭 10番人気 4着
95年アメリカJCC ヤマニンドリーマー 10頭 10番人気 7着
14年宝塚記念    ヒットザターゲット 12頭 12番人気 4着

さらにブービー人気まで範囲を広げても、JRA重賞では以下の2回しかない。

13年きさらぎ賞   アルムダプタ    9頭 8番人気 7着
13年フェブラリーS ヤマニンキングリー 16頭 15番人気 16着

JRA・G1での二桁人気馬騎乗は、この宝塚記念が35回目だった。そのうち半数以上が10年以降の低迷期、10回が11年に集中していることに注目されたい。

87年ジャパンカップ  トウカイローマン  14頭 12人気 11着
88年ダービー     コスモアンバー   24頭 16人気 16着
89年菊花賞      マルセイグレート  18頭 10人気 4着
90年エリザベス女王杯 コニーストン    18頭 15人気 8着
92年安田記念     ムービースター   18頭 10人気 3着
92年宝塚記念     メイショウビトリア 13頭 10人気 12着
92年エリザベス女王杯 ナリタフジヒメ   18頭 10人気 15着
96年天皇賞春     カミノマジック   16頭 11人気 16着
97年高松宮杯     チアズサイレンス  18頭 10人気 9着
97年秋華賞      エミノオクリモノ  18頭 13人気 9着
00年ジャパンCダート ナリタホマレ    16頭 10人気 9着
03年ジャパンカップ  サクラプレジデント 18頭 10人気 14着
09年オークス     ツーデイズノーチス 18頭 10人気 15着
10年天皇賞秋     アクシオン     18頭 10人気 9着
10年エリザベス女王杯 コロンバスサークル 18頭 10人気 6着
10年マイルCS    オウケンサクラ   18頭 10人気 16着
11年フェブラリーS  メイショウタメトモ 16頭 12人気 13着
11年高松宮記念    サンダルフォン   16頭 12人気 13着
11年NHKマイルC  クリアンサス    18頭 10人気 16着
11年ダービー     ロッカヴェラーノ  18頭 12人気 15着
11年宝塚記念     ビートブラック   16頭 12人気 11着
11年天皇賞秋     ナリタクリスタル  18頭 13人気 7着
11年エリザベス女王杯 レディアルバローザ 18頭 11人気 17着
11年マイルCS    クレバートウショウ 18頭 16人気 17着
11年ジャパンカップ  トレイルブレイザー 16頭 11人気 4着
11年ジャパンCダート ラヴェリータ    16頭 10人気 4着
12年桜花賞      メイショウスザンナ 18頭 11人気 5着
12年皐月賞      マイネルロブスト  18頭 10人気 16着
12年ヴィクトリアM  エーシンハーバー  18頭 16人気 10着
12年天皇賞秋     サダムパテック   18頭 10人気 8着
13年フェブラリーS  ヤマニンキングリー 16頭 15人気 16着
13年皐月賞      テイエムイナズマ  18頭 14人気 6着
13年NHKマイルC  ザラストロ     18頭 13人気 16着
13年有馬記念     ラブイズブーシェ  16頭 12人気 4着
14年宝塚記念     ヒットザターゲット 12頭 12人気 4着

35回騎乗して連対したことは一度もなく、92年安田記念の3着が最高着順だが、「掲示板率」はなかなか立派。主な現役騎手の中では僅差ながらトップである。

武豊  .200(7/35)
内田  .194(7/36)
川田  .190(11/58)
福永  .184(14/76)
横山典 .157(13/83)
蛯名  .151(13/86)
北村宏 .123(8/65)
岩田  .106(5/47)
戸崎  .048(1/21)
浜中  .029(1/34)

二桁人気での好走は近接する傾向があるのか、11年のジャパンカップから3連続、13年の有馬記念から2連続。次に二桁人気馬に騎乗するときは、ぜひヒモ穴の候補に入れておきたい。

|

« 歴史的連続惨敗 | Main | 牝馬人気独占重賞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/59926132

Listed below are links to weblogs that reference 武豊初のG1シンガリ人気:

« 歴史的連続惨敗 | Main | 牝馬人気独占重賞 »