« 武豊自己新記録達成 | Main | なるか今年初のG1V2 »

10/24/2014

圧巻のデビュー5連勝

ヌーヴォレコルトがまさかの2着に敗れた秋華賞より衝撃的だったのが、東京メインのアイルランドトロフィー。1番人気の3歳馬エイシンヒカリがデビュー5連勝を果たした。
86年以降、新馬or未勝利→500万(400万)→1000万(900万)→1600万(1500万・1400万)の4連勝を果たした馬は20頭。そのうち5連勝以上を達成したのは以下の7頭である。

フィフティーワナー(05~06年)
未勝利→500万→1000万→1600万→アンタレスS1着

タガノゲルニカ(05~06年)
未勝利→500万→1000万→1600万→平安S1着

アロンダイト(06年)
未勝利→500万→1000万→1600万→JCダート1着

トウショウフリーク(10~11年)
未勝利→500万→1000万→1600万→1600万1着

エイシンヒカリ(14年)
未勝利→500万→1000万→1600万→OP特別1着

ウォータクティクス(08~09年)
未勝利→500万→1000万→1600万→OP特別1着アンタレスS1着

ナムラタイタン(9~10年)
未勝利→500万→1000万→1600万→OP特別1着OP特別1着

エイシンヒカリが際立っている点はいくつかあるが、まずはなんといっても、同馬だけが“芝馬”であることだ。5連勝はすべて芝。他の6頭の上記勝ち星のうち、芝であげたものはトウショウフリークの未勝利戦だけである。

6連勝を果たしたのはウォータクティクスとナムラタイタンだけ。デビューから5連勝以上を果たしたのはナムラタイタンとエイシンヒカリだけ。エイシンヒカリが次走、重賞を勝てば、ウォータクティクスに次ぐ「未勝利→500万→1000万→1600万→OP特別1着→重賞1着」、そして、初の「デビュー戦→500万→1000万→1600万→OP特別1着→重賞1着」を達成する。

3歳時に5連勝を果たしたのはアロンダイトとエイシンヒカリだけ。アロンダイトの3歳はJCダートで終わったので、エイシンヒカリには記録を更新してほしかったが、年内休養とのことだ。

5連勝すべて1番人気だったのはウォータクティクスとエイシンヒカリだけ。ウォータクティクスの6連勝目(アンタレスS)は2番人気だったので、エイシンヒカリには1番人気6連勝の期待がかかる。

デビュー以来5戦連続1番人気で、5馬身差、3馬身差、3馬身半差、2馬身差、3馬身半差の5連続圧勝。2戦目以降はすべて逃げ切り。今回は、最後の300mくらいから外ラチに向かって逸走する仰天パフォーマンス。キズナと同じ「ディープインパクト×ストームキャット」配合のエイシンヒカリは、サイレンススズカ級の怪物快速馬となる可能性を秘めている。

|

« 武豊自己新記録達成 | Main | なるか今年初のG1V2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/60535499

Listed below are links to weblogs that reference 圧巻のデビュー5連勝:

« 武豊自己新記録達成 | Main | なるか今年初のG1V2 »