« 待望の非SS系大物種牡馬 | Main | 圧巻のデビュー5連勝 »

10/16/2014

武豊自己新記録達成

右手親指の骨折から8月末に復帰後、先々週まで66戦1勝と苦しんでいた武豊が、先週ついに復活。順延された3日目は勝てなかったが、土曜は3勝をあげ、日曜は半年ぶりに重賞制覇。注目すべきはこの4勝の人気だ。土曜は4、6、6番人気、毎日王冠は8番人気。長期スランプから脱した一昨年~昨年と同じように、「人気薄を持って来ながら人気サイドの騎乗が増えていく」という好循環に入ったのではなかろうか。

人気薄と言えば、同騎手が毎日王冠で果たしたある自己新記録が、3日目に到達した「JRA最多騎乗記録更新」の陰に隠れてほとんど注目されなかったのが残念でならない。その自己新記録とは、「重賞最低人気勝利」である。JRA重賞通算292勝の「人気別内訳」は以下のとおり。

1番人気 174勝
2番人気  59勝
3番人気  25勝
4番人気  18勝
5番人気   6勝
6番人気   8勝
7番人気   1勝
8番人気   1勝

なんとほぼ6割が1番人気で、ほぼ8割が1~2番人気。8番人気Vは、デビュー2年目、フレッシュボイスでのサンケイ大阪杯7番人気Vを26年ぶりに更新するレコード。重賞8番人気以下通算146回目にして、ついに1着をもぎ取った。ちなみに、最低人気連対は、10番人気ハギノリアルキングでの97年鳴尾記念2着。二桁人気で連対を果たしたのは、今のところこの1回だけだ。

では、292勝の「単勝オッズ別内訳」となるとどうか。

1.0~ 1.9 88勝
2.0~ 2.9 90勝
3.0~ 3.9 29勝
4.0~ 4.9 25勝
5.0~ 6.9 28勝
7.0~ 9.9 16勝
10.0~14.9 13勝
15.0~19.9  2勝

なんとほぼ3割が1倍台で、6割以上が3倍未満。エアソミュールの13.1倍は下から数えて5番目で、惜しくも“2冠”はならなかった。

16.9倍 97年アンタレスS エムアイブラン(6番人気)
16.5倍 12年セントウルS エピセアローム(6番人気)
14.5倍 12年京都記念   トレイルブレイザー(5番人気)
14.3倍 07年札幌2歳S  オリエンタルロック(6番人気)
13.1倍 14年毎日王冠   エアソミュール(8番人気)

秋華賞は人気薄必至のディルガに騎乗予定。同馬のオーナーは、ノースヒルズの総帥である前田幸治氏の夫人、前田葉子氏。桜花賞10着(ベルカント・オーナーは前田幸治氏)以降、牝馬3冠路線で騎乗馬のなかった武豊に、グループとして回してきたのだろう。勢いに乗って“記録更新”の一発があるか…。

|

« 待望の非SS系大物種牡馬 | Main | 圧巻のデビュー5連勝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/60490537

Listed below are links to weblogs that reference 武豊自己新記録達成:

« 待望の非SS系大物種牡馬 | Main | 圧巻のデビュー5連勝 »