« 重賞未連対馬の快挙 | Main | 古馬G1連対3歳馬 »

11/13/2014

2歳重賞ふた桁人気V

東西同日開催の芝1400m2歳重賞はどちらも波乱決着。京王杯2歳ステークスは12頭立てのブービー人気セカンドテーブル、ファンタジーステークスは14頭立てのシンガリ人気クールホタルビが制した。
86年以降、ふた桁人気が勝った2歳重賞は以下のとおり。

87年デイリー杯3歳S     ダイタクロンシャン 10番人気/13頭
87年ラジオたんぱ杯3歳牝馬S プリンセススキー  10番人気/14頭
88年新潟3歳S        マイネルムート   10番人気/12頭
98年札幌3歳S        マイネルプラチナム 11番人気/14頭
99年京王杯3歳S       ダイワカーソン   11番人気/12頭
00年朝日杯3歳S       メジロベイリー   10番人気/16頭
01年小倉2歳S        タムロチェリー   15番人気/15頭
02年小倉2歳S        メイプルロード   10番人気/14頭
03年札幌2歳S        モエレエスポワール 10番人気/14頭
06年フェアリーS       アポロティアラ   13番人気/16頭
07年フェアリーS       ルルパンブルー   11番人気/16頭
08年ファンタジーS      イナズマアマリリス 13番人気/14頭
08年京王杯2歳S       ゲットフルマークス 14番人気/15頭
14年小倉2歳S        オーミアリス    15番人気/17頭
14年京王杯2歳S       セカンドテーブル  11番人気/12頭
14年ファンタジーS      クールホタルビ   14番人気/14頭

6年ぶりに“発生”した今年は、たまっていたマグマが噴出したのか、なんとすでに3鞍。今週のデイリー杯ははたして…。

今年勝った3頭を除く13頭に共通するのは、その後の成績がまったくもって振るわないこと。13頭で計204戦(地方除く)して、なんと「2-4-6-192」。ふた桁着順は133回を数え、その割合は65.2%にもなる。わずか2つの勝ち星は、マイネルプラチナムの若葉ステークスと、タムロチェリーの阪神ジュベナイルフィリーズ。タムロチェリーを含め、重賞で掲示板に載ったのは以下の4頭しかいない。

ダイタクロンシャン 阪神3歳S2着 小倉大賞典4着 中日新聞杯5着
タムロチェリー   阪神JF1着
ルルパンブルー   ファルコンS3着
イナズマアマリリス 阪神JF5着

これまでの例を見るかぎり、ふた桁人気で2歳重賞を勝つ馬は完全に早熟傾向。血統的な見どころもない今年の3頭も、茨の道を歩むことになりそうだ。

|

« 重賞未連対馬の快挙 | Main | 古馬G1連対3歳馬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/60644486

Listed below are links to weblogs that reference 2歳重賞ふた桁人気V:

« 重賞未連対馬の快挙 | Main | 古馬G1連対3歳馬 »