« 2強共倒れレース | Main | オークス馬は好発進 »

02/26/2015

土日連続の重賞連覇

障害を含む、現行JRA古馬G1全15レースのうち、唯一、連覇がなかったフェブラリーステークスで、コパノリッキーが初の快挙を達成した。驚くべきはその人気。昨年はシンガリ16番人気だったのが、今年は堂々1番人気。こんな馬、二度と現れまい。
86年以降、JRA平地古馬G1で連覇を果たした馬とその人気は以下のとおりである。

ダイタクヘリオス  91~92年マイルCS    4番人気→2番人気
メジロマックイーン 91~92年天皇賞春     1番人気→2番人気
ヤマニンゼファー  92~93年安田記念     11番人気→2番人気
サクラバクシンオー 93~94年スプリンターズS 2番人気→1番人気
タイキシャトル   97~98年マイルCS    2番人気→1番人気
メジロドーベル   98~99年エリザベス女王杯 2番人気→2番人気
グラスワンダー   98~99年有馬記念     4番人気→1番人気
テイエムオペラオー 00~01年天皇賞春     1番人気1番人気
シンボリクリスエス 02~03年有馬記念     2番人気→1番人気
シンボリクリスエス 02~03年天皇賞秋     3番人気→1番人気
アドマイヤグルーヴ 03~04年エリザベス女王杯 2番人気→2番人気
デュランダル    03~04年マイルCS    5番人気→1番人気
ダイワメジャー   06~07年マイルCS    1番人気1番人気
ウオッカ      08~09年安田記念     2番人気→1番人気
キンシャサノキセキ 10~11年高松宮記念    1番人気→3番人気
スノーフェアリー  10~11年エリザベス女王杯 4番人気→1番人気
トランセンド    10~11年ジャパンCダート 1番人気1番人気
ロードカナロア   12~13年スプリンターズS 2番人気→1番人気
ジェンティルドンナ 12~13年ジャパンカップ  3番人気→1番人気
ヴィルシーナ    13~14年ヴィクトリアM  1番人気→11番人気
フェノーメノ    13~14年天皇賞春     2番人気→4番人気
ゴールドシップ   13~14年宝塚記念     2番人気→1番人気
コパノリッキー   14~15年フェブラリーS  16番人気→1番人気

さすがに人気サイドで勝った馬が多く、2年連続で2番人気以下だったのはダイタクヘリオス、ヤマニンゼファー、メジロドーベル、アドマイヤグルーヴ、フェノーメノの5頭だけ。2年連続3番人気以下の馬はいない。もし、3番人気以下で勝った馬が翌年も3番人気以下だったら、単勝は買わない方がよさそうだ。一方、2年連続で1番人気だった馬も少なく、テイエムオペラオー、ダイワメジャー、トランセンドのわずか3頭。「1番人気でG1連覇」は、クラシック3冠制覇より希少価値の高い“勲章”と言っていいかもしれない。
また、1回目と2回目を比べて目を引くのが、当然と言えば当然だが、1回目より2回目の方が人気が上がっている馬が多いこと。2回目に人気が下がった馬は、メジロマックイーン、キンシャサノキセキ、ヴィルシーナ、フェノーメノの4頭しかいない。もちろん、コパノリッキーの「16→1」は“最大上げ幅”。ヤマニンゼファーの「11→2」もかなりのものだが。

先週は、土曜の重賞、ダイヤモンドステークスでも連覇が達成された。昨年55キロで勝ったフェイムゲームが、今年は58キロで制覇。86年以降、前年より重いハンデでJRA平地ハンデ重賞を連覇した馬は、前記「G1連覇達成馬」と同じ、23頭を数える。そのうち、前年より3キロ以上重いハンデで勝ったのは以下ののべ10頭だ。

ピーターホーラー  86~87年愛知杯     51→55
トウショウレオ   87~88年小倉大賞典   55→58
スルーオダイナ   89~90年ダイヤモンドS 57.5→61
スルーオダイナ   88~89年ステイヤーズS 55→59
アイルトンシンボリ 92~93年ステイヤーズS 52→56
ユウセンショウ   96~97年ダイヤモンドS 52→57
マイヨジョンヌ   96~97年新潟大賞典   54→58
ポップロック    06~07年目黒記念    54→58.5
ミヤビランベリ   08~09年七夕賞     53→57
フェイムゲーム   14~15年ダイヤモンドS 55→58

21世紀になってから激減しているのは、ハンデ戦を使う有力馬が少なくなったからなのか、それとも、ハンディキャッパーが有力馬に手心を加えるようになったからなのか…。いずれにせよ、前年からさらに成長を遂げて連覇を果たした上記の馬たちは大したものである。

今週は阪急杯に連覇を狙う馬がいる。コパノリッキーと同じ馬主、同じ5歳のコパノリチャード。ここを勝てば、次走、高松宮記念の連覇も見えてくるが、はたして…。

|

« 2強共倒れレース | Main | オークス馬は好発進 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/61198208

Listed below are links to weblogs that reference 土日連続の重賞連覇:

« 2強共倒れレース | Main | オークス馬は好発進 »