« 快挙の2着は限界の2着 | Main | 不良芝重賞の牝馬V »

04/01/2015

G2以上で銀7つ

日経賞を制したのは4歳馬だったが、掲示板5頭のうち3頭は7歳以上馬。4頭出走して3頭が2、3、5着だから大健闘だ。
中でも目を引いたのがウインバリアシオンの2着。昨年の天皇賞春で2着に来たあと、それまで2回しかなかった掲示板外を3回連続で喫し(宝塚記念7着・金鯱賞15着・有馬記念12着)、老いの影をちらつかせていたが、7歳初戦のこのレースであっさり“定位置”に返り咲いてみせた。
同馬の2着は通算7回目。うち4回がG1で、3回がG2。これはすごいことである。86年以降、JRA平地のG2以上で2着が5回以上ある馬は20頭。6回以上は8頭。7回はウインバリアシオンのほかには2頭しかいない。

<5回>
セントシーザー   87年マイラーズC・スワンS・マイルCS 88年マイラーズC・スプリンターズS
ライスシャワー   92年ダービー・セントライト記念・京都新聞杯 93年目黒記念 94年日経賞
エイシンバーリン  94年京成杯3歳S 97年高松宮杯・CBC賞 98年スワンS・CBC賞
フサイチエアデール 99年桜花賞・4歳牝馬特別・ローズS・エリ女杯 00年エリ女杯
ナリタトップロード 99年ダービー・京都新聞杯 00年京都記念・京都大賞典 02年天皇賞秋
テイエムオペラオー 99年菊花賞・ステイヤーズS 01年宝塚記念天皇賞秋JC
エアシャカール   00年弥生賞・ダービー 01年大阪杯 02年大阪杯・金鯱賞
ツルマルボーイ   02年宝塚記念・京都大賞典 03年金鯱賞・宝塚記念天皇賞秋
ゼンノロブロイ   03年ダービー 04年日経賞・天皇賞春・京都大賞典 05年天皇賞秋
ダンスインザムード 04年天皇賞秋マイルCS 06年マイラーズC・毎日王冠・マイルCS
トウショウナイト  05年京都記念・日経賞 07年日経賞 08年AJC杯・日経賞
ヴィルシーナ    12年桜花賞オークス・ローズS・秋華賞エリ女杯

<6回>
ニッポーテイオー  86年毎日王冠・マイルCS 87年安田記念宝塚記念 88年京王杯SC・宝塚記念
ミスターシクレノン 89年京都記念・天皇賞春・京都大賞典 90年阪神大賞典 91年日経新春杯・鳴尾記念
ダンスパートナー  95年桜花賞・阪神牝馬特別 96年AJC杯・京都記念 97年京都大賞典・エリ女杯
ステイゴールド   98年天皇賞春宝塚記念天皇賞秋 99年天皇賞秋 00年AJC杯・日経賞
メイショウドトウ  00年日経新春杯・宝塚記念天皇賞秋JC有馬記念 01年天皇賞春

<7回>
メジロブライト   96年デイリー杯3歳S 97年スプリングS 98年京都大賞典・有馬記念 99年阪神大賞典・天皇賞春・京都大賞典
ブエナビスタ    09年札幌記念・有馬記念 10年宝塚記念JC有馬記念 11年ヴィクトリアM宝塚記念
ウインバリアシオン 11年ダービー・神戸新聞杯・菊花賞 12年日経賞 13年有馬記念 14年天皇賞春 15年日経賞

7回は最多タイだが、5年連続は堂々単独トップ。4年連続もメジロブライトしかいないので、今後この大記録に並ぶ馬はおいそれと現れまい。
終わっちゃいなかったシルバーコレクター。ここまできたら回数の方も単独トップに立つところを見たいもの。もちろん陣営には大きなお世話だが、記憶にも記録にも残る個性派の“パフォーマンス”からまだまだ目が離せない。

|

« 快挙の2着は限界の2着 | Main | 不良芝重賞の牝馬V »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/61373150

Listed below are links to weblogs that reference G2以上で銀7つ:

« 快挙の2着は限界の2着 | Main | 不良芝重賞の牝馬V »