« 史上最長トンネル脱出 | Main | 格下高齢馬の激走 »

08/21/2015

超高齢馬の激走

先日13日にマンハッタンカフェが死亡した。その週の重賞に同馬の産駒が2頭出走し、いずれも好走したことに目を引かれたファンは少なくあるまい。
エルムステークス2着のグレープブランデーは、叩き2戦目のG1ホースで単勝8.5倍の5番人気。これは古豪の復調と言っていい。しかし同3着のエーシンモアオバーは、休み明けの9歳馬で単勝35.3倍の7番人気。これは“血の後押し”を感じないわけにはいかない激走だ。
86年以降、JRA平地重賞で3着以内に来た9歳以上馬は、以下の延べ19頭。すべて02年以降で、20世紀はゼロ。これは、管理調教技術の進歩と、償却期間を伸ばしたいという事情の相乗効果によるものだろう。

ゲイリーフラッシュ 02年シルクロードS  14番人気1着
グリーンブリッツ  03年小倉記念     9番人気3着
アサカディフィート 07年中山金杯     10番人気2着
ニホンピロサート  07年根岸S      12番人気3着
アサカディフィート 07年小倉大賞典    10番人気1着
アサカディフィート 08年小倉大賞典    6番人気1着
シルクフェイマス  08年京都記念     11番人気3着
ワイルドファイアー 08年中京記念     12番人気3着
タニノマティーニ  09年函館スプリントS 8番人気2着
ゴールドメイン   09年ステイヤーズS  13番人気2着
マヤノライジン   10年小倉大賞典    13番人気3着
エアシェイディ   10年日経賞      4番人気2着
シャドウゲイト   11年中京記念     8番人気2着
マヤノライジン   11年函館記念     12番人気2着
トウカイトリック  11年ステイヤーズS  12番人気3着
トウカイトリック  12年ステイヤーズS  8番人気1着
ジャガーメイル   13年ダイヤモンドS  4番人気2着
トウカイトリック  13年ステイヤーズS  7番人気3着
エーシンモアオバー 15年エルムS     7番人気3着

高齢まで活躍する馬というとダート馬のイメージが強いが、それは地方交流重賞に限った話。JRA平地重賞で活躍する高齢馬は圧倒的に芝馬。上記19レースのうちダート戦は、ニホンピロサートの根岸ステークスと、エーシンモアオバーのエルムステークスだけである。エーシンモアオバーには86年以降初の「9歳以上馬によるJRAダート重賞制覇」を期待したい。

当然と言うべきか、高齢馬は恵量を味方に激走するケースが多い。上記19レースのうち10レースはハンデ戦。青字9レースが別定戦。今回エーシンモアオバーが背負った58キロは、別定戦中最重、ハンデ戦を含めても2位タイの斤量である。これも高く評価していいだろう。

エーシンモアオバーは、準オープンまで勝ったオレゴンガールの2番子。3~6番子は兄より早く引退し、現役のきょうだいは4歳の全弟、エーシンモアオバーのみ。弟の方は芝の1000万を勝ちきれないでいるが、キャリアはまだ10戦で、そのうち9戦が掲示板内。こちらは、目指せトウカイトリック、というところか…。

|

« 史上最長トンネル脱出 | Main | 格下高齢馬の激走 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/62125529

Listed below are links to weblogs that reference 超高齢馬の激走:

« 史上最長トンネル脱出 | Main | 格下高齢馬の激走 »