« 前途洋々の圧勝ディープ産駒 | Main | 史上最長トンネル脱出 »

08/06/2015

直線競馬とバクシンオー

アイビスサマーダッシュは、直線競馬初挑戦ながら1番人気に支持された4歳牝馬、ベルカントが2馬身差で圧勝した。新潟芝直線1000mのオープンを2馬身差以上で勝った馬は、同馬を含めまだ延べ4頭しかいない。

カルストンライトオ 02年アイビスSD 53.7秒 2馬身差
カルストンライトオ 04年アイビスSD 53.9秒 3馬身差
サチノスイーティー 06年アイビスSD 55.7秒 3馬身差
ベルカント     15年アイビスSD 54.1秒 2馬身差

ただしサチノスイーティーが勝った06年のアイビスサマーダッシュは、勝ちタイムが良馬場ではレース史上最も遅い超低レベル戦。同馬の3馬身差Vは、相手と斤量(51キロ)に恵まれてのものだろう。54秒は切れなかったが、近10年では3番目に速いタイムで昨年の1、3、4着馬を一蹴したベルカントには、カルトスンライトオに次ぐ評価を与えてよさそうだ。

そのベルカントは今回、8枠13番だった。直線競馬では、馬場の傷みが少ない外ラチ沿いを真っ直ぐ走れる外枠が有利なことはよく知られた話だが、この傾向は上級条件ほど目立つ。準オープン以上の枠番別成績は以下のとおり。

1枠 0-1-2-49 勝率.000 連対率.019 複勝率.058
2枠 6-1-6-44 勝率.105 連対率.123 複勝率.228
3枠 2-5-0-52 勝率.034 連対率.119 複勝率.119
4枠 1-5-3-57 勝率.015 連対率.091 複勝率.136
5枠 8-6-3-55 勝率.111 連対率.194 複勝率.236
6枠 5-7-6-56 勝率.068 連対率.162 複勝率.243
7枠 8-7-9-56 勝率.100 連対率.188 複勝率.300
8枠 9-7-10-55 勝率.111 連対率.198 複勝率.321

1枠はほぼ壊滅。2枠には注意が必要だが、有力馬は5~8枠から選ぶのが妥当だ。
この外枠有利傾向は、牝馬に限るとさらに際立つ。

1枠 0-1-1-15 勝率.000 連対率.059 複勝率.118
2枠 3-1-2-14 勝率.150 連対率.200 複勝率.300
3枠 1-1-0-17 勝率.053 連対率.105 複勝率.105
4枠 1-1-3-29 勝率.029 連対率.059 複勝率.147
5枠 3-1-2-23 勝率.103 連対率.138 複勝率.207
6枠 2-2-3-23 勝率.067 連対率.133 複勝率.233
7枠 5-4-3-19 勝率.161 連対率.290 複勝率.387
8枠 6-3-4-23 勝率.167 連対率.250 複勝率.361

やはり2枠が気になるところだが、軸は黙って7、8枠から。アイビスサマーダッシュで連対した牝馬も、16頭のうち9頭が7、8枠だ。

ベルカントの父サクラバクシンオーは、08年、09年(いずれもカノヤザクラ)に次いでこのレース3勝目。このコースでは種牡馬別最多の33勝目。2位がタイキシャトルの11勝だから、トリプルスコアでダントツだ。
競走馬時代、1400m以下では12戦11勝(唯一の敗退は3歳時のスプリンターズS6着)、1400m超では9戦全敗(現役最終6歳時は安田記念4着、毎日王冠4着、マイルCS2着)だったサクラバクシンオーは、父としても短距離にほぼ特化。現行JRA芝1200m以下重賞は13レースあるが、同種牡馬がまだ勝っていないのはシルクロードステークス、キーンランドカップ、スプリンターズステークスの3レースしかない。ラストクロップが3歳世代なら「完全制覇」の可能性は十分だろう。
目下、特に期待がかかる産駒は、アイビスサマーダッシュ圧勝のベルカントと、デビュー以来5戦全勝のビッグアーサー。この2頭は23日の北九州記念で相まみえることになりそうだが、どちらか翌週のキーンランドカップに回ってくれないものか…。

|

« 前途洋々の圧勝ディープ産駒 | Main | 史上最長トンネル脱出 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/62031793

Listed below are links to weblogs that reference 直線競馬とバクシンオー:

« 前途洋々の圧勝ディープ産駒 | Main | 史上最長トンネル脱出 »