« レース史上初の大外V | Main | 2歳人気薄Vと3歳牝馬V »

10/30/2015

記録づくめの菊花賞V

恥ずかしながら、これまでずっとキタサンブラックは関東馬だと思い込んでいた。というのもこの馬、菊花賞までのデビュー6戦、東京と中山以外で走ったことがなく、主戦も関東の北村宏司。調教師の清水久詞先生については、失礼ながら気にしたこともなかった。
そんな同馬が選んだトライアルも、西の神戸新聞杯ではなく東のセントライト記念。しかしこれが31年ぶりの快挙に繋がった。すなわち、シンボリルドルフ以来の「セントライト記念勝ち馬による菊花賞制覇」である。ルドルフ以降の“死屍累々”は以下のとおりだ。

86年レジェンドテイオー→17着
87年メリーナイス   →9着
89年サクラホクトオー →5着
90年ホワイトストーン →2着
93年ラガーチャンピオン→8着
94年ウインドフィールズ→4着
95年サンデーウェル  →17着
96年ローゼンカバリー →11着
97年シャコーテスコ  →16着
98年レオリュウホウ  →9着
99年ブラックタキシード→14着
02年バランスオブゲーム→5着
03年ヴィータローザ  →7着
04年コスモバルク   →4着
06年トーセンシャナオー→16着
07年ロックドゥカンブ →3着
08年ダイワワイルドボア→8着
09年ナカヤマフェスタ →12着
10年クォークスター  →9着
11年フェイトフルウォー→7着
13年ユールシンギング →15着

馬券になったのはホワイトストーンとロックドゥカンブだけで、21頭中15頭が掲示板外、8頭が二桁着順という惨状。西高東低が続くかぎり、セントライト記念の“本番直結”は、強い関西馬の遠征次第と言えそうだ。

「31年ぶり」よりすごい「35年ぶり」という快挙もキタサンブラックは果たした。ノースガスト以来の「ダービー二桁着順馬による菊花賞制覇」である。キタサンブラックは14着、ノースガストは10着。ノースガスト以降のダービー敗退馬による菊花賞制覇は以下のとおりだ。

81年ミナガワマンナ   ダービー8着
82年ホリスキー     ダービー9着
91年レオダーバン    ダービー2着
92年ライスシャワー   ダービー2着
93年ビワハヤヒデ    ダービー2着
96年ダンスインザダーク ダービー2着
97年マチカネフクキタル ダービー7着
98年セイウンスカイ   ダービー4着
99年ナリタトップロード ダービー2着
00年エアシャカール   ダービー2着
03年ザッツザプレンティ ダービー3着
07年アサクサキングス  ダービー2着
12年ゴールドシップ   ダービー5着
13年エピファネイア   ダービー2着

ダービー掲示板外馬の菊花賞制覇すらほかには3例しかない。マチカネフクキタルだって相当の快挙である。

キタサンブラックは馬体重530キロで菊花賞制覇。これは86年以降のクラシック制覇最高体重。同期間、JRA・G1を530キロ以上で制した日本馬は以下のとおり。

560キロ ヒシアケボノ    95年スプリンターズS 

546キロ タイキブリザード  97年安田記念
    アロンダイト    06年ジャパンCダート

538キロ シンボリクリスエス 03年有馬記念
    ベルシャザール   13年ジャパンCダート

536キロ ニホンピロアワーズ 12年ジャパンCダート
    コパノリッキー   15年フェブラリーS

534キロ グルメフロンティア 98年フェブラリーS
    ブラックホーク   99年スプリンターズS
    シンボリクリスエス 03年天皇賞秋
    アーネストリー   11年宝塚記念

532キロ ダイワメジャー   07年安田記念

530キロ シンボリクリスエス 02年天皇賞秋
    カネヒキリ     08年ジャパンCダート
    コパノリッキー   14年フェブラリーS
    キタサンブラック  15年菊花賞

16頭のうち9頭は、パワーがもの言うダート戦とスプリント戦。母父サクラバクシンオーのキタサンブラックが勝ったのもスプリント戦なら“さもありなん”だが、まさかの3000m戦。現在の日本競馬におけるこの距離は、もはや長距離とは言えなくなっているのではあるまいか…。

|

« レース史上初の大外V | Main | 2歳人気薄Vと3歳牝馬V »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/62576199

Listed below are links to weblogs that reference 記録づくめの菊花賞V:

« レース史上初の大外V | Main | 2歳人気薄Vと3歳牝馬V »