« 6歳牝馬圧逃 | Main | G1最少キャリアV »

02/19/2016

2強まさかの惨敗

JRAサラブレッド2歳ランキングで2位タイのハートレー、6位のスマートオーディンが揃って掲示板を外す波乱決着。前週のきさらぎ賞は単勝1.2倍のサトノダイヤモンドが、前日のクイーンカップは同1.3倍のメジャーエンブレムが順当に圧勝していただけに、共同通信杯の“番狂わせ感”はハンパじゃなかった。
86年以降、単勝3.5倍以下の1、2番人気が揃って馬券圏外に飛んだJRA平地重賞(アラブを除く)は以下の9レースしかない。

87年デイリー杯3歳S(13頭立て)
1番人気(単勝2.3倍)ミスターシクレノン 7着
2番人気(単勝3.3倍)フリークギャル   8着

89年エリザベス女王杯(20頭立て)
1番人気(単勝2.2倍)シャダイカグラ  20着
2番人気(単勝3.4倍)メジロモントレー 7着

95年阪急杯(18頭立て)
1番人気(単勝2.9倍)ビコーペガサス   12着
2番人気(単勝3.3倍)ニホンピロプリンス 9着

97年弥生賞(14頭立て)
1番人気(単勝2.6倍)エアガッツ    7着
2番人気(単勝3.5倍)サイレンススズカ 8着

00年エルムS(13頭立て)
1番人気(単勝3.3倍)タマモストロング 10着
2番人気(単勝3.5倍)ゴールドティアラ 6着

04年根岸S(15頭立て)
1番人気(単勝2.7倍)ブルーコンコルド  8着
2番人気(単勝3.4倍)スターリングローズ 11着

05年スプリングS(16頭立て)
1番人気(単勝2.8倍)ペールギュント 6着
2番人気(単勝2.9倍)ヴァーミリアン 14着

13年チューリップ賞(15頭立て)
1番人気(単勝2.3倍)レッドオーヴァル  7着
2番人気(単勝3.5倍)ローブティサージュ 9着

16年共同通信杯(10頭立て)
1番人気(単勝1.9倍)ハートレー     9着
2番人気(単勝3.1倍)スマートオーディン 6着

今年の共同通信杯が特に目を引く点は、わずか10頭立てであること、そして、人気2頭のオッズの合計も9レース中最少であること。超人気薄が激走したわけではないが、歴史的大波乱重賞と言っても過言ではないだろう。

では、このレースでまさかの惨敗を喫してしまった2頭の行く末は、どう占えばいいのか。
2月に行なわれる東西芝1800mG3、共同通信杯ときさらぎ賞は、トライアル前のクラシックステップレースの中では際立ってハイレベル。そのため、好走馬はクラシック本番でも活躍する可能性が高いが、逆に、惨敗した馬は巻き返しが至難の業となっている。過去20年、この2レースで掲示板を外した馬がクラシックで連対した例はなく、以下の2頭の3着が最高着順である。

ブラックシェル 08年きさらぎ賞1番人気7着→ダービー6番人気3着
ダノンバラード 11年共同通信杯1番人気9着→皐月賞 8番人気3着

“元クラシック候補”ハートレーとスマートオーディンははたして…。

|

« 6歳牝馬圧逃 | Main | G1最少キャリアV »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/63234314

Listed below are links to weblogs that reference 2強まさかの惨敗:

« 6歳牝馬圧逃 | Main | G1最少キャリアV »