« 大山鳴動してワンツースリー | Main | 3強筆頭馬券圏外 »

04/06/2016

より高みへ Be Ambitious!

11頭中5頭がG1ホースという豪華メンバーの産経大阪杯を制したのは、4歳牡馬アンビシャス。G1未勝利の身で昨年の最優秀4歳以上牡馬に次ぐ2番人気に支持されたのは、ドゥラメンテにクビ差まで迫り、リアルスティールに先着した前走が高く評価されたから。しかしそのポテンシャルがG1級であることは、昨年の天皇賞秋ですでに示されていた。
同レースの出走資格が3歳以上となったのは87年。以後3歳馬は31頭が参戦し、2-5-3-21。掲示板に載った16頭とそこまでのG1実績は以下のとおりだ。

88年オグリキャップ   1番人気2着
95年ジェニュイン    4番人気2着 皐月賞1着・ダービー2着
96年バブルガムフェロー 3番人気1着 朝日杯3歳S1着
99年スティンガー    8番人気4着 阪神3歳S1着・桜花賞12着・オークス4着
00年イーグルカフェ   6番人気4着 NHKマイルC1着・安田記念13着
02年シンボリクリスエス 3番人気1着 ダービー2着
04年ダンスインザムード 13番人気2着 桜花賞1着・オークス4着・アメリカンオークス2着・秋華賞4着
06年アドマイヤムーン  2番人気3着 皐月賞4着・ダービー7着
08年ディープスカイ   3番人気3着 NHKマイルC1着・ダービー1着
10年オウケンサクラ   17番人気4着 桜花賞2着・オークス5着・秋華賞11着
10年ペルーサ      4番人気2着 ダービー6着
12年フェノーメノ    1番人気2着 ダービー2着
12年カレンブラックヒル 3番人気5着 NHKマイルC1着
13年コディーノ     4番人気5着 朝日杯FS2着・皐月賞3着・ダービー9着
14年イスラボニータ   1番人気3着 皐月賞1着・ダービー2着
15年アンビシャス    4番人気5着

16頭中12頭はG1で連対。連対できなかったアドマイヤムーンとペルーサもクラシックには出走しており、前者は皐月賞1番人気、後者はダービー2番人気の有力馬。残る2頭はG1未経験だったが、中央クラシック登録がなかった公営出身のオグリキャップは“幻の2冠馬”。となれば、共同通信杯でドゥラメンテと0.2秒差、プリンシパルステークス快勝、ラジオNIKKEI賞圧勝のアンビシャスも、G1に出走していれば勝ち負けの実績を残していた可能性は高いだろう。

近藤英子オーナーはこれが重賞17勝目。そのすべてを音無師の管理馬で、9勝を横山典の騎乗馬であげている。この鉄壁トライアングルの最高傑作は、史上最高の晩成馬、カンパニー。アンビシャスと同じく芝1800m前後を得意とした同馬は、アンビシャスと同じく3歳春2冠には出走しなかったが、古馬重賞を9勝し、8歳で天皇賞秋とマイルチャンピオンシップを連勝した。現時点ではその上を行く大器アンビシャスが、これからどこまで上り詰めるか、要注目だ。

|

« 大山鳴動してワンツースリー | Main | 3強筆頭馬券圏外 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/63448958

Listed below are links to weblogs that reference より高みへ Be Ambitious!:

« 大山鳴動してワンツースリー | Main | 3強筆頭馬券圏外 »