« より高みへ Be Ambitious! | Main | まさかまさかの皐月賞 »

04/14/2016

3強筆頭馬券圏外

3強対決で盛り上がった桜花賞だが、単勝オッズは終始「1強+2強」。しかし単勝1.5倍の1強はまさかの馬券圏外に飛び、2強の“2センチ差”決着。馬連960円、馬単1,950円の好配当に驚かされた。
86年以降、単勝1.5倍以下の1番人気が4着以下に敗れたJRA平地G1は以下の13レース。少ないと思うか、多いと思うかは、馬券スタンス次第だろう。

86年天皇賞春     スダホーク     1.5倍 7着
92年天皇賞春     トウカイテイオー  1.5倍 5着
94年天皇賞秋     ビワハヤヒデ    1.5倍 5着
96年阪神3歳牝馬S  シーキングザパール 1.5倍 4着
98年天皇賞秋     サイレンススズカ  1.2倍 競走中止
03年高松宮記念    ショウナンカンプ  1.5倍 7着
04年オークス     ダンスインザムード 1.4倍 4着
05年マイルCS    デュランダル    1.5倍 8着
11年スプリンターズS ロケットマン    1.5倍 4着
12年フェブラリーS  トランセンド    1.5倍 7着
12年天皇賞春     オルフェーヴル   1.3倍 11着
13年天皇賞春     ゴールドシップ   1.3倍 5着
16年桜花賞      メジャーエンブレム 1.5倍 4着

目を引くのは、天皇賞が多いことと、牡馬クラシックが皆無であること。前者の大本命は疑ってかかり、後者の大本命は素直に堅軸視するのがよさそうだ。

今年の桜花賞は「3強」の一方で、人気薄の多さも特徴的だった。18頭中なんと半数の9頭が単勝万馬券。これは、フルゲートが18頭になって以降のJRA・G1では4レース目である。他の3レースと上位3頭は以下のとおり。

05年高松宮記念 4番人気アドマイヤマックス→6番人気キーンランドカフェ→1番人気プレシャスカフェ

11年菊花賞 1番人気オルフェーヴル→2番人気ウインバリアシオン→3番人気トーセンラー

14年桜花賞 1番人ハープスター→2番人気レッドリヴェール→5番人気ヌーヴォレコルト

さらに18頭中なんと7頭が単勝2万馬券以上。これは、同じくフルゲートが18頭になって以降のJRA・G1では2レース目にすぎない。もうひとつのレースと上位3頭は以下のとおり。

01年皐月賞 1番人気アグネスタキオン→3番人気ダンツフレーム→2番人気ジャングルポケット

皐月賞も最重要トライアルの1、2着馬と、2月重賞圧勝馬が3強を形成するが、人気はおそらく3倍前後で三つ巴になるだろう。そして超人気薄もかなりの数にのぼるはず。ガチガチ決着か、またまた1角が崩れるか、それともまさかの大波乱か…。

|

« より高みへ Be Ambitious! | Main | まさかまさかの皐月賞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/63487196

Listed below are links to weblogs that reference 3強筆頭馬券圏外:

« より高みへ Be Ambitious! | Main | まさかまさかの皐月賞 »