« 歴史的復活V | Main | 3歳牝馬最速V »

06/17/2016

マンボ屈辱の16回目

前日オッズでは一時、単勝6.9倍で3番人気という時間帯もあったが、終わってみれば同23.9倍の12番人気でマーメイドステークスを11着に敗れたメイショウマンボ。これで同馬は通算「6-2-0-19」。4着以下19回のうち、なんと16回が二桁着順である。
86年以降、JRA平地重賞で二桁着順が16回以上ある馬と、獲得した重賞タイトルは以下のとおり。トータル15頭は決して少なくないが、うち牝馬は4頭、G1馬は3頭、クラシックホースはメイショウマンボだけである。

<18回>
タマモホットプレイ 04年スワンS 06年シルクロードS
リキアイタイカン  01年CBC賞
メイショウカンパク 12年京都大賞典
イケドラゴン

<17回>
アルコセニョーラ 07年福島記念 08年新潟記念
ミスタートウジン

<16回>
ローエングリン   03年&07年中山記念 03年&05年マイラーズC
コスモバルク    03年ラジオたんぱ杯 04年弥生賞・セントライト記念 06年シンガポールAIカップ
メイショウマンボ  13年Fレビュー・オークス秋華賞エリ女杯
ネヴァブション   07年日経賞 09年&10年AJC杯
オースミブライト  99年京成杯・神戸新聞杯
ギャラントアロー  03年ファルコンS・スワンS
テイエムプリキュア 05年阪神JF 09年日経新春杯
サンレイジャスパー 07年小倉記念
コパノフウジン

この15頭が最後に重賞二桁着順を喫した年齢は以下のとおり。

14歳 ミスタートウジン
10歳 リキアイタイカン タマモホットプレイ ネヴァブション
9歳 メイショウカンパク イケドラゴン
8歳 ローエングリン サンレイジャスパー コスモバルク オースミブライト
7歳 アルコセニョーラ テイエムプリキュア コパノフウジン ギャラントアロー
6歳 メイショウマンボ

まだ6歳で16回に達したメイショウマンボの“早さ”は際立っている。G1を3勝した牝馬なら、いくらなんでも来春は繁殖入りをするだろうから、残りのキャリアでこの不名誉な記録をさらに伸ばすのか、それとも最後に意地を見せるのか、要注目だ。それと、同馬主の現役9歳馬、メイショウカンパクが単独トップに立つかどうかにも…。

|

« 歴史的復活V | Main | 3歳牝馬最速V »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/63790438

Listed below are links to weblogs that reference マンボ屈辱の16回目:

« 歴史的復活V | Main | 3歳牝馬最速V »