« 58キロで5馬身差Vの快挙 | Main | 歴史的復活V »

06/03/2016

史上初の5頭スライド

空前の「上位拮抗ダービー」は、皐月賞掲示板5頭がまたも掲示板を独占する結果に。これは歴史的な珍事である。中央競馬の3歳3冠レースにおいて、1冠目→2冠目、2冠目→3冠目で掲示板5頭が変わらなかったのは、これが史上初めてだったのだ。
惜しくも(?)掲示板5頭中4頭が変わらなかったのは14例。90年代以降では以下の8例となる。

91年桜花賞→オークス
シスタートウショウ 1着→2着
ノーザンドライバー 3着→4着
スカーレットブーケ 4着→5着
イソノルーブル   5着→1着

94年オークス→エリザベス女王杯
チョウカイキャロル 1着→2着
ゴールデンジャック 2着→5着
アグネスパレード  3着→3着
メモリージャスパー 4着→4着

95年桜花賞→オークス
ワンダーパヒューム 1着→3着
ダンスパートナー  2着→1着
プライムステージ  3着→5着
ユウキビバーチェ  5着→2着

95年皐月賞→ダービー
ジェニュイン  1着→2着
タヤスツヨシ  2着→1着
オートマチック 3着→3着
ホッカイルソー 4着→4着

01年オークス→秋華賞
レディパステル   1着→3着
ローズバド     2着→2着
テイエムオーシャン 3着→1着
サクセスストレイン 4着→4着

04年オークス→秋華賞
スイープトウショウ 2着→1着
ヤマニンアラバスタ 3着→5着
ダンスインザムード 4着→4着
ヤマニンシュクル  5着→2着

05年皐月賞→ダービー
ディープインパクト 1着→1着
シックスセンス   2着→3着
マイネルレコルト  4着→5着
アドマイヤフジ   5着→4着

06年オークス→秋華賞
カワカミプリンセス 1着→1着
フサイチパンドラ  2着→3着
アサヒライジング  3着→2着
アドマイヤキッス  4着→4着

では逆に、掲示板5頭がガラリ一変したケースはどのくらいあるか。51年以降では以下のとおりである。

桜花賞 →オークス 72年・79年・94年
オークス→エリ女杯 89年・90年
オークス→秋華賞  02年
皐月賞 →ダービー 61年・66年・04年・09年
ダービー→菊花賞  57年・82年・88年・04年

上記14例の中でも際立っているのが、89年の「オークス→エリザベス女王杯」。この例のみ、最初の掲示板5頭がすべて次のG1に出走して掲示板を外しているのだ。ただし、ダントツ人気だったシャダイカグラのシンガリ負けは、重度の故障が原因。掲示板5頭が次のG1で全滅することは、常識的にはあり得まい。

89年オークス→エリザベス女王杯
ライトカラー   1着→8着
シャダイカグラ  2着→20着
ヤンゲストシチー 3着→18着
ファンドリポポ  4着→12着
メジロモントレー 5着→7着

もうひとつ上記14例の中で目を引くのが、04年の2例だ。なんとこの年の牡馬3冠は、掲示板5頭が2回続けてガラリ一変。複数回掲示板に載ったのはコスモバルクしかいない。

04年皐月賞→ダービー→菊花賞
1着ダイワメジャー  →キングカメハメハ →デルタブルース
2着コスモバルク   →ハーツクライ   →ホオキパウェーブ
3着メイショウボーラー→ハイアーゲーム  →オペラシチー
4着コスモサンビーム →キョウワスプレンダ→コスモバルク
5着ミスティックエイジ→スズカマンボ   →ストラタジェム

今年のダービー掲示板5頭のうち、マカヒキとリオンディーズはすでに菊花賞回避の方向。3000mでは勝ち目がさらに薄くなりそうなエアスピネルも、路線変更の可能性十分。2冠目→3冠目は5頭どころか3頭のスライドも難しそうで、早くもディーマジェスティとサトノダイヤモンドの一騎討ちムードが漂っている…。

|

« 58キロで5馬身差Vの快挙 | Main | 歴史的復活V »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/63724475

Listed below are links to weblogs that reference 史上初の5頭スライド:

« 58キロで5馬身差Vの快挙 | Main | 歴史的復活V »