« 右肩上がりの同コース連勝 | Main | ディープ産駒歴史的人気薄V »

08/04/2016

上がり31秒台の世界

2001年リニューアル以後の新潟芝コースは、日本一、ひょっとしたら世界一の“高速上がり”馬場。特に凄まじいのが、傷みにくい外ラチ近辺が主戦場となる直線1000m戦。先週のアイビスサマーダッシュは、実に過半数の7頭が31秒台の上がり3ハロンを繰り出した。これは14年&15年アイビスサマーダッシュの4頭を大幅に上回る最多記録だ。

86年以降、いやおそらく日本競馬史上、31秒台の上がり3ハロンを繰り出した馬は、のべ53頭を数える。そのうち52頭は新潟芝コース、50頭は直線コースで達成。新潟以外で32秒を切ったのは、昨年のマイラーズカップ(京都芝外回り1600m)の7着馬ディアデラマドレ(31.9秒)だけ。53頭のうち1着馬は以下の18頭で(赤字は牝馬)、2勝したのはカルストンライトオとベルカントしかいない。

メジロダーリング  01年アイビスSD(芝1000m)31.7秒
カルストンライトオ 02年アイビスSD(芝1000m)31.9秒
イルバチオ     03年アイビスSD(芝1000m)31.6秒
タカオルビー    04年1600万特別(芝1000m)31.8秒
カルストンライトオ 04年アイビスSD(芝1000m)31.9秒
プリティメイズ   05年500万特別 (芝1000m)31.7秒
フサイチホクトセイ 05年1600万特別(芝1000m)31.9秒
オースミグラスワン 08年新潟大賞典(芝2000m)31.9秒
ゼットカーク    08年1000万特別(芝1000m)31.8秒
エーシンヴァーゴウ 11年アイビスSD(芝1000m)31.8秒
エバーローズ    12年1000万特別(芝1000m)31.8秒
ハクサンムーン   13年アイビスSD(芝1000m)31.9秒
セイコーライコウ  14年アイビスSD(芝1000m)31.9秒
ネロ        15年1600万特別(芝1000m)31.9秒
サトノギャラント  15年谷川岳S (芝1600m)31.9秒
ベルカント     15年アイビスSD(芝1000m)31.9秒
プリンセスムーン  15年1000万特別(芝1000m)31.8秒
ベルカント     16年アイビスSD(芝1000m)31.7秒

着順に関係なく、86年以降の、いやおそらく日本競馬史上の、上がり3ハロン上位3頭は以下のとおり。最速タイムは今年のアイビスサマーダッシュ7着馬が叩き出した。

31.5秒 ブライトチェリー 16年アイビスSD 7着
31.6秒 マルターズホーク 03年駿風S(OP)3着
    イルバチオ    03年アイビスSD 1着

今年の夏の新潟開催はまだあと5週もある。さらなる超高速上がりの出現を期待したい。

|

« 右肩上がりの同コース連勝 | Main | ディープ産駒歴史的人気薄V »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/64011343

Listed below are links to weblogs that reference 上がり31秒台の世界:

« 右肩上がりの同コース連勝 | Main | ディープ産駒歴史的人気薄V »