« キャリア6戦3歳馬の健闘 | Main | 希代の銀メダリスト »

11/24/2016

エルコン級マイル王

2年前の3歳マイルチャンピオンだが、その後は1200~1400mを主戦場とし、高松宮記念を3、2着、スプリンターズステークスを4、2着。掲示板を外した香港カップも、日本馬の中では最先着。対して、ここまで古馬マイルG1は16、13、15着とまったくいいところなし。そんなミッキーアイルが5歳秋のマイルG1を“曲がりなりにも”勝ちきれたのは、「マイルG1馬」の肩書がものを言う低調な顔ぶれだったから。2年前の覇者が8歳にして14番人気で4着に来たのも同じ理由だろう。
4頭もの馬に被害を与えた斜行は残念だが、それがなくても勝っていたと見なされたのだから、1着それ自体を過小評価する必要はない。そしてこの勝利は、NHKマイルカップの勝ち馬としてはエポックメイキングなものである。過去の同レース優勝馬とその後の勝ち星は以下のとおり。

96年タイキフォーチュン
97年シーキングザパール →98年シルクロードS・98年モーリスドギース賞
98年エルコンドルパサー →98年ジャパンC・99年サンクルー大賞・99年フォワ賞
99年シンボリインディ  →00年京成杯AH
00年イーグルカフェ   →02年七夕賞・02年ジャパンCダート
01年クロフネ      →01年武蔵野S・01年ジャパンCダート
02年テレグノシス    →03年京王杯SC・04年毎日王冠
03年ウインクリューガー →07年障害未勝利
04年キングカメハメハ  →04年ダービー・04年神戸新聞杯
05年ラインクラフト   →06年阪神牝馬S
06年ロジック
07年ピンクカメオ
08年ディープスカイ   →08年ダービー・08年神戸新聞杯
09年ジョーカプチーノ  →10年ラピスラズリS(OP特別)・11年シルクロードS
10年ダノンシャンティ
11年グランプリボス   →12年スワンS・13年マイラーズC
12年カレンブラックヒル →12年毎日王冠・14年ダービー卿CT・15年小倉大賞典
13年マイネルホウオウ
14年ミッキーアイル   →14年スワンS・16年阪急杯・16年マイルCS
15年クラリティスカイ
16年メジャーエンブレム

3歳マイルチャンピオンとなったあと、さらに重賞を制した馬は13頭を数えるが、3勝となるとエルコンドルパサー、カレンブラックヒル、ミッキーアイルのわずか3頭。さらにG1を制した馬は7頭を数えるが、JRA古馬芝G1制覇となるとエルコンドルパサー、ミッキーアイルの2頭しかいない。
今後は“二刀流”の道を歩むマイルチャンピオンが次に目指すは、もちろんスプリントG1制覇。“6度目の正直”はスッキリと決めてもらいたい。

|

« キャリア6戦3歳馬の健闘 | Main | 希代の銀メダリスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/64538806

Listed below are links to weblogs that reference エルコン級マイル王:

« キャリア6戦3歳馬の健闘 | Main | 希代の銀メダリスト »