« 東西ともガチガチ決着 | Main | 4度目のガチガチG1 »

12/22/2016

幻の古馬王道

今年の香港国際競走には、計11頭もの日本馬が全4レースに参戦し、サトノクラウンが「ヴァーズ」を、モーリスが「カップ」を制覇。日本で馬券を買えるようになったこともあり、ファンは大いに楽しんだことだろう。
しかし、ひとたび国内の古馬中長距離路線に目を向けると、喜んでばかりもいられない。近10年の天皇賞秋出走馬のうち、同年のジャパンカップ出走馬、有馬記念出走馬、香港G1出走馬の頭数と、それぞれ3着以内に来た馬は以下のとおりである。

2007年
ジャパンC 7頭(アドマイヤムーン1着・ポップロック2着・メイショウサムソン3着)
有馬記念  7頭(マツリダゴッホ1着・ダイワメジャー3着)
香港カップ 1頭

2008年
ジャパンC 7頭(ディープスカイ2着・ウオッカ3着)
有馬記念  5頭(ダイワスカーレット1着・アドマイヤモナーク2着・エアシェイディ3着)

2009年
ジャパンC 8頭(ウオッカ1着・オウケンブルースリ2着)
有馬記念  4頭(ドリームジャーニー1着・エアシェイディ3着)

2010年
ジャパンC  4頭(ブエナビスタ2着)
有馬記念   3頭(ブエナビスタ2着)
香港ヴァーズ 1頭

2011年
ジャパンC 7頭(ブエナビスタ1着・トーセンジョーダン2着・ジャガーメイル3着)
有馬記念  7頭(エイシンフラッシュ2着・トゥザグローリー3着)

2012年
ジャパンC  6頭(ルーラーシップ3着)
有馬記念   8頭(ルーラーシップ3着)
香港ヴァーズ 1頭(ジャガーメイル2着)
香港マイル  1頭

2013年
ジャパンC 6頭(ジェンティルドンナ1着・トーセンジョーダン3着)
有馬記念  4頭
香港カップ 1頭(トウケイヘイロー2着)

2014年
ジャパンC 8頭(エピファネイア1着・スピルバーグ3着)
有馬記念  6頭(ジェンティルドンナ1着)

2015年
ジャパンC 8頭(ショウナンパンドラ1着・ラストインパクト2着・ラブリーデイ3着)
有馬記念  5頭

2016年
ジャパンC  2頭
有馬記念   3頭
香港ヴァーズ 1頭(サトノクラウン1着)
香港カップ  4頭(モーリス1着・ステファノス3着)
香港マイル  1頭

今年は、ジャパンカップ出走馬がわずか2頭、有馬記念出走予定馬も3頭にすぎず、計5頭は最少。対して、香港国際競走には「JC+有馬」を上回る6頭が出走。これは由々しき事態だろう。特に、天皇賞秋の1、3着馬がそのまま1、3着に来た「カップ」は、今後“2000mのジャパンカップ”と化すおそれあり、だ。
モーリスの勝利が象徴するように、天皇賞秋はいまや“マイル寄り”のレース。JRAが「3冠ボーナス」まで提供している「天皇賞秋→JC→有馬記念」の3連戦は、明らかに“王道”とは呼べなくなってきている。国際招待競走のジャパンカップはともかく、ドメスティックなグランプリが今後も1年総決算の祭典であり続けるためには、距離短縮が避けられないのではなかろうか…。

|

« 東西ともガチガチ決着 | Main | 4度目のガチガチG1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/64658128

Listed below are links to weblogs that reference 幻の古馬王道:

« 東西ともガチガチ決着 | Main | 4度目のガチガチG1 »