« 人気薄1番人気V | Main | 砂の剃刀馬 »

01/26/2017

5頭立て5番人気V

1年で最初の「関西圏3歳中距離オープン」若駒ステークスは、なんと5頭立て。中央競馬では原則的に、3歳未勝利戦は5頭以下、それ以外のレースは4頭以下の場合、競走不成立となる。86年以降、アラブ戦を除く5頭以下の平地レースは、これが161レース目。うちオープン競走(すべて5頭立て)と勝ち馬は以下のとおり。

86年 ジューンS(3歳以上)   トウカイローマン
86年 巴賞(3歳以上)      ウインザーノット
87年 カンナ賞(2歳)      ツヅノショウグン
88年 メトロポリタンS(3歳以上)ミナガワローレル
88年 白百合S(3歳)      ホロトアイフル
88年 クローバー賞(2歳)    ライトカラー
88年 コスモス賞(2歳)     ラッキーゲラン
89年 新潟3歳S(2歳)     ダイカツリュウセイ
94年 オープン平場(2歳)    マキシムシャレード
96年 ジュニアカップ(3歳)   イシノサンデー
01年 アイビーS(2歳)     アグネスソニック
02年 アイビーS(2歳)     タガノラフレシア
09年 京都2歳S(2歳)     ヴィクトワールピサ
12年 若駒S(3歳)       ゼロス
15年 萩S(2歳)        ブラックスピネル
17年 若駒S(3歳)       アダムバローズ

86~89年の4年間で8レースあったのが、その後は30年弱で同じ8レースだから、JRAの苦労が忍ばれる。90年以降は、世代限定戦以外のレースで発生していない点にも要注目。オープン競走の出走頭数は売上に直結するため、胴元も必死なのである、多分。ちなみに、86年以降の最少頭数G1は、6頭立てだった87年の朝日杯3歳ステークス。勝ち馬はのちのダービー馬、サクラチヨノオーだ。

今年の若駒ステークスは、頭数だけでなく結果にも目が点になった。勝ったアダムバローズは、なんとシンガリ5番人気。86年以降、シンガリ人気が勝った5頭以下のレースは、アラブ戦、障害を含めると14レースを数えるが(すべて5頭立て)、オープンはこれが初である。
アダムバローズ以外の「5頭立て5番人気V馬」13頭のうち、その後重賞を勝ったのはヤマニンアクロだけ。同馬が2歳9月の新馬戦を制したときの単勝2,280円は、86年以降の5頭以下立てレースの単勝最高配当。その新馬戦と同じく、翌年の共同通信杯も人気薄(14頭立て10番人気3,300円)で逃げ切った。若駒ステークスを10.1倍で逃げ切ったアダムバローズははたして…。

|

« 人気薄1番人気V | Main | 砂の剃刀馬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/64813565

Listed below are links to weblogs that reference 5頭立て5番人気V:

« 人気薄1番人気V | Main | 砂の剃刀馬 »