« 前途洋々アドマイヤミヤビ | Main | 種牡馬2強明暗 »

02/23/2017

ハンデ差7キロのワンツー

長距離ハンデ重賞ダイヤモンドステークスを制したのは、単独最多3勝目を狙ったフェイムゲーム(3番人気6着)と並ぶトップハンデ、58キロを課された1番人気アルバート。2着は、サイモントルナーレ(13番人気14着)に次いで軽い51キロを背負った6番人気ラブラドライト。2頭のハンデ差はなんと7キロもあった。
“全頭横一線”のゴールを目指すハンディキャッパーにとって、この「重ハンデ馬と軽ハンデ馬のワンツー」は会心の決着に違いない。86年以降、7キロ以上の差がある2頭で決まったJRA平地ハンデ重賞は以下のとおり。赤字はトップハンデ、青字は最軽量ハンデでである。

<10㎏差>
00年新潟記念 1番人気ダイワテキサス(59kg)→9番人気モンレーブ(49キロ

<8㎏差>
86年新潟記念 3番人気ブラックスキー(57㎏)→12番人気ウメノフリート(49㎏
92年中京記念 2番人気ムービースター(57㎏)→7番人気ブレスレット(49㎏

<7.5㎏差>
91年目黒記念    3番人気カリブソング(60.5㎏)→9番人気トーワタケシバ(53㎏)
00年カブトヤマ記念 9番人気ヘッドシップ(50㎏)→1番人気ゴーイングスズカ(57.5㎏
07年目黒記念    1番人気ポップロック(58.5㎏)→4番人気ココナッツパンチ(51㎏)

<7㎏差>
88年目黒記念    6番人気メジロフルマー(52㎏)→1番人気メリーナイス(59㎏
89年ステイヤーズS 1番人気スルーオダイナ(59㎏)→7番人気シャイニングスター(52㎏)
90年ダイヤモンドS 1番人気スルーオダイナ(61㎏)→3番人気オンワードフォコン(54㎏)
91年金杯(東)   5番人気カリブソング(59㎏)→8番人気ハッピーシャトー(52㎏)
92年カブトヤマ記念 7番人気ワンモアラブウエイ(50㎏)→3番人気ハシノケンシロウ(57㎏
01年京都金杯    1番人気ダイタクリーヴァ(58㎏)→8番人気エリモセントラル(51㎏
03年中山金杯    1番人気トーホウシデン(57㎏)→12番人気トーアメイウン(50㎏
03年京成杯AH   6番人気ブレイクタイム(58㎏)→8番人気シベリアンホーク(51㎏)
09年日経新春杯   11番人気テイエムプリキュア(49㎏)3番人気ナムラマース(56㎏)
17年ダイヤモンドS 1番人気アルバート(58㎏)→6番人気ラブラドライト(51㎏)

昨今は、有力馬の参戦を促すため、いわゆる“酷量”が明らかに減っている。そのため、こうしたワンツーは珍しくなっており、今回の事例は09年の日経新春杯以来、実に8年ぶりのこと。00年新潟記念の「10キロ差ワンツー」などというのは、今や夢のまた夢(?)だろう。
別定G2を2勝、天皇賞春6着、有馬記念7着。そんな格上馬なら、ひと昔前は59キロというところではあるまいか…。

|

« 前途洋々アドマイヤミヤビ | Main | 種牡馬2強明暗 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/64931374

Listed below are links to weblogs that reference ハンデ差7キロのワンツー:

« 前途洋々アドマイヤミヤビ | Main | 種牡馬2強明暗 »