« 大本命Vと5馬身差V | Main | やはり強かった年度代表馬 »

03/30/2017

大本命で2連敗

16-17POGで屈指の人気を集めたサトノアーサーの母は、ニュージーランドで現役生活を送ったキングスローズ。その父は、オーストラリアでG1を4勝し、種牡馬としても大成功を収めているリダウツチョイス。シックスセンス、エイジアンウインズ、フェノーメノ、サトノアレスなど、成功例の少なくない「SS系×デインヒル系」の配合だが、母はニュージーランド1000ギニーを勝った程度で、近親に活躍馬はまったく見当たらない。そんな馬がここまで注目を集めるのは、もちろん「社台&ディープ&サトノ&池江」の“ブランド”だからだ。
しかしこの評判馬、新馬戦は単勝1.1倍に応えたとはいえ、その後4戦して7、10、13、5着のスズカフロンティアと同着。2戦目の500万は圧勝したが、その後芝で勝った馬がいない、これまた弱メン相手。単勝1.4倍に支持されたきさらぎ賞は、朝日杯9着のアメリカズカップに完敗。そして先週、単勝1.2倍の毎日杯は、シンザン記念6着馬アルアインの後塵を拝した。これまでのところ、典型的な人気先行馬と言っていいだろう。

世代限定重賞では、この手のダントツ人気敗退馬は決して珍しくない。86年以降、単勝1.5倍以下を裏切った馬はのべ89頭にもなる。しかし2回やらかした馬となると、以下の4頭だけだ。

ビワハヤヒデ
92年朝日杯3歳S 1.3倍2着(3番人気エルウェーウィン1着)
93年共同通信杯  1.3倍2着(4番人気マイネルリマーク1着)

エイシンバーリン
94年京成杯3歳S 1.4倍2着(2番人気ゴーゴーナカヤマ1着)
94年フェアリーS 1.4倍2着(2番人気プライムステージ1着)

ブラックタイド
03年ラジオたんぱ杯 1.4倍4着(4番人気コスモバルク1着)
04年きさらぎ賞   1.5倍2着(3番人気マイネルブルック1着)

サトノアーサー
17年きさらぎ賞 1.4倍2着(6番人気アメリカズカップ1着)
17年毎日杯   1.2倍2着(2番人気アルアイン1着)

ビワハヤヒデはその後、菊花賞、天皇賞春、宝塚記念を制覇。エイシンバーリンはG1には手が届かなかったが、重賞4勝。ブラックタイドはスプリングステークスが唯一の重賞タイトルで、G1は皐月賞16着のみ。サトノアーサーも重賞未勝利で終わることはなさそうだが、G1ははたしてどうか。個人的にはクラシックよりマイル以下で期待したいが…。

|

« 大本命Vと5馬身差V | Main | やはり強かった年度代表馬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/65087388

Listed below are links to weblogs that reference 大本命で2連敗:

« 大本命Vと5馬身差V | Main | やはり強かった年度代表馬 »