« またも人気サイド全滅 | Main | ホールオブフェームな1勝 »

05/25/2017

2冠へ追い風

すでにどこかで誰かが先んじているかもしれないが、ダービーに関するとんでもないデータを発見した。
先週のオークスは、桜花賞1番人気馬の快勝より、桜花賞馬の13着惨敗に要注目。90年以降、桜花賞馬がオークスで掲示板外に敗れた年は以下のとおり。

92年ニシノフラワー →7着
94年オグリローマン →12着
97年キョウエイマーチ→11着
06年キストゥヘヴン →6着
15年レッツゴードンキ→10着
17年レーヌミノル  →13着

これを見てすぐにピンとくる方は相当の競馬通である。過去5年、92、94、97、06、15年のダービーは、なんとすべて皐月賞馬が制し、2冠馬が誕生しているのだ。

92年ミホノブルボン
94年ナリタブライアン
97年サニーブライアン
06年メイショウサムソン
15年ドゥラメンテ

これに倣えば、アルアインの2冠は鉄板か。

しかし一方でこんなデータもある。NHKマイルカップが創設された96年以降、桜花賞を7番人気以下の馬が制した年は以下のとおり。

96年ファイトガリバー 10番人気
02年アローキャリー  13番人気
08年レジネッタ    12番人気
13年アユサン     7番人気
17年レーヌミノル   8番人気

過去4年、96、02、08、13年のダービー馬はすべて、前走が皐月賞ではない。NHKマイルカップの3着以内馬か、同レース以外の1着馬である。

96年フサイチコンコルド すみれS1着
02年タニノギムレット  NHKマイルC3着
08年ディープスカイ   NHKマイルC1着
13年キズナ       京都新聞杯1着

これに倣えば、今年のダービー馬はアドミラブルかダイワキャグニー。ただしこの2頭はいずれもキャリア4戦。86年以降、キャリア4戦以下のダービー馬は、前走皐月賞2着のマカヒキしかいない。
例年にない混戦と目される2017年ダービーだが、なんのことはない、今年も最右翼は皐月賞馬か…。

|

« またも人気サイド全滅 | Main | ホールオブフェームな1勝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/65326068

Listed below are links to weblogs that reference 2冠へ追い風:

« またも人気サイド全滅 | Main | ホールオブフェームな1勝 »