« 二桁人気馬ワンツー重賞 | Main | 3度目のレディーファースト »

05/04/2017

初代“春3冠”へリーチ

大阪杯を勝ったあと、その実績を大いに称えたキタサンブラックが、続く天皇賞春で史上4頭目の連覇を達成。別の視点から再度、この名馬を称賛したい。

今回の勝利で通算成績は「10-2-3-1」。ダービーを大敗したため、これまで先着を許した馬は18頭もいるが、その後再戦の機会があった13頭のうちドゥラメンテ以外にはすべてリベンジを果たし、リベンジを果たした馬に再度先着を許したことは一度もない。サトノダイヤモンドの再逆転も難しそうだ。
18頭のうち複数回先着を許したのはドゥラメントとリアルスティールだけで、リアルスティールには3度目の対戦(菊花賞)で逆転した。現在の充実ぶりを見る限り、ドゥラメンテが早々に引退していなければ、3戦3敗の同馬にもどこかで借りを返した可能性は高いだろう。

「JRA・G1V5」は、86年以降では12頭目、牝馬限定G1を除くと8頭目。これだけでも大したものだが、キタサンブラックを際立たせているのは、昨年が天皇賞春&ジャパンカップ、今年が大阪杯&天皇賞春と、2年連続で2000m以上の古馬G1を2勝したこと。実はこれ、大変な偉業なのである。
86年以降、JRA・G1を4勝以上した馬は25頭を数えるが、2年連続2勝以上したのは以下の8頭。古馬G1に限ると5頭。2000m以上の古馬G1となると、シンボリクリスエスとキタサンブラックだけだ。

ディープインパクト
05年 皐月賞・ダービー・菊花賞
06年 天皇賞春・宝塚記念・ジャパンC・有馬記念

ウオッカ
08年 安田記念・天皇賞秋
09年 ヴィクトリアマイル・安田記念・ジャパンC

ブエナビスタ
09年 桜花賞・オークス
10年 ヴィクトリアマイル・天皇賞秋

ダイワメジャー
06年 天皇賞秋・マイルCS
07年 安田記念・マイルCS

タイキシャトル
97年 マイルCS・スプリンターズS
98年 安田記念・マイルCS

シンボリクリスエス
02年 天皇賞秋・有馬記念
03年 天皇賞秋・有馬記念

メイショウサムソン
06年 皐月賞・ダービー
07年 天皇賞春・天皇賞秋

キタサンブラック
16年 天皇賞春・ジャパンC
17年 大阪杯・天皇賞春

大阪杯のG1昇格にともない新たに設けられた「春古馬3冠」のボーナスは、「秋古馬3冠」と同じく、内国産馬が2億円、外国産馬が1億円。キタサンブラックが宝塚記念を勝てば賞金プラスボーナスで計3億5,000万円を手にし、同馬の通算獲得賞金はディープインパクトを超えて歴代2位に浮上する。そうなれば、テイエムオペラオーを超えて「日本一=世界一」の座につくのも時間の問題だろう。
この血統でこの実績は、もはや“21世紀のオグリキャップ”。オグリ同様、種牡馬としての道は険しそうだから、競走馬としてとことん稼ぎまくっていただきたい。

|

« 二桁人気馬ワンツー重賞 | Main | 3度目のレディーファースト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/65234146

Listed below are links to weblogs that reference 初代“春3冠”へリーチ:

« 二桁人気馬ワンツー重賞 | Main | 3度目のレディーファースト »