« 超軽量馬制覇重賞 | Main | 前途洋々の54キロV »

06/29/2017

大本命の大惨敗

ここまで馬券にならなかったレースはダービーだけ。セントライト記念以降は「7-2-2-0」で、負けた4戦も、タイム差なしが3戦、0.1秒差が1戦。そんな馬がダントツ人気を裏切って大敗を喫してしまうのだから、やはり競馬は奥が深い。キタサンブラックの宝塚記念9着を“まさか”と思わなかったファンはほぼ皆無だろう。
86年以降、単勝1.4倍以下の馬が掲示板すら外したJRA平地重賞は24レースを数える。その半数は各馬成長途上の世代限定戦で、古馬戦は以下の12レース。世代限定戦、古馬戦を通じて複数回やらかした馬はさすがにまだいない。

86年日経賞   ミホシンザン    1.4倍→6着
87年東京新聞杯 モンテジャパン   1.4倍→9着
89年中日新聞杯 カツトクシン    1.2倍→6着
97年京王杯AH ダンディコマンド  1.4倍→9着
98年天皇賞秋  サイレンススズカ  1.2倍→競走中止
99年目黒記念  セイウンエリア   1.4倍→7着
00年日経賞   グラスワンダー   1.3倍→6着
02年日経賞   マンハッタンカフェ 1.2倍→6着
03年毎日王冠  ファインモーション 1.3倍→7着
12年天皇賞春  オルフェーヴル   1.3倍→11着
15年AJC杯  ゴールドシップ   1.3倍→7着
17年宝塚記念  キタサンブラック  1.4倍→9着

上記の“まさか”には、サイレンススズカ以外にもそれなりに説明がつくものが少なくない。
ミホシンザンは苦手の道悪。
モンテジャパンは中山のオープン特別を連勝して臨んだ重賞未勝利馬だから、東京重賞でこの人気は過剰。
カツトクシンはキャリア初の道悪。
ダンディコマンドはおそらくレース中に故障。
セイウンエリアは前走オープン特別圧勝も、重賞未勝利馬がG2でこの人気は過剰。
グラスワンダーは休み明けで18キロ増。
マンハッタンカフェも休み明けでキャリア最高体重。
ファインモーションは道悪で牡馬相手に57キロ。

しかし10年以降の3頭は、明確な敗因が見当たらず、過剰人気だったとも思えない。共通するのは、それまでに二桁着順の経験があったということ。オルフェーヴルは阪神大賞典での逸走を受けて課された調教再審査のストレスが、ゴールドシップは前年の凱旋門賞挑戦の疲労残りが、キタサンブラックは大阪杯→天皇賞春(レコード)連勝による消耗が、レースを投げ出す「むらっ気」を呼び起こしてしまったか…。
オルフェーヴルもゴールドシップもこの惨敗後、さらにG1タイトルを積み重ねている。キタサンブラックにも秋以降の巻き返しを大いに期待したいものだ。

|

« 超軽量馬制覇重賞 | Main | 前途洋々の54キロV »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/65473069

Listed below are links to weblogs that reference 大本命の大惨敗:

« 超軽量馬制覇重賞 | Main | 前途洋々の54キロV »