« 終わってなかった8歳馬 | Main | 上位5頭中4頭スライド »

05/17/2018

セン馬オープン全勝デー

12日土曜は、東京で京王杯スプリングカップ、京都で京都ハイジャンプ&都大路ステークスと、3鞍のオープン競走が組まれていたが、勝ったのはなんとすべて「セン馬」。これは怪記録である。
86年以降、セン馬はJRAオープン競走を287勝しているが、1開催日2勝以上は以下の5例しかなく、3勝となると今年の2例だけである。

2001年8月18日
新潟ジャンプステークス ヒカルボシ
小倉日経オープン    オーソリティー

2005年11月5日
秋陽ジャンプステークス テレジェニック
カシオペアステークス  アサカディフィート

2014年11月16日
福島記念   ミトラ
オーロカップ ダノンプログラマー

2018年2月18日
フェブラリーステークス ノンコノユメ
障害平場オープン    ヨカグラ
小倉大賞典       トリオンフ

2018年5月12日
京王杯スプリングカップ ムーンクエイク
京都ハイジャンプ    アスターサムソン
都大路ステークス    サンマルティン

障害転向後5戦3勝、オープン連勝を果たしたアスターサムソンが去勢されたのはデビュー前。同じタイプにはアサカディフィート、レッドデイヴィス、エリモハリアーといった平地重賞3勝馬もいる。セン馬のジャンパーは少なくないが、86年以降、障害オープンで3勝以上したのは意外に少ない12頭。まだ5歳のアスターサムソンが13頭目となる可能性は十分だ。

これがオープン初勝利となったサンマルティンは、重賞3勝、G13着3回のディアデラノビアの4番子。2歳夏の新潟で新馬戦を快勝したあとは順調に使い込めず、休養を挟みながら6、6、6、8着と4連敗したところで去勢。その後は「5-2-0-3」、掲示板外は1回だけだから、良血ながら早々に種牡馬入りを断念したことは吉と出た。6歳でもキャリアはまだ14戦だから、さらなる活躍が期待できよう。

上位3頭タイム差なしの大接戦を制したムーンクエイクは、重賞3勝、オークス3着のバウンスシャッセの半弟。デビューから2、1、4、2着後、3歳6月の去勢はいかにも早いが、この血統は気性に難があり、半兄2頭はいずれも去勢しているため、陣営も迷いはなかったのだろう。同じ藤沢厩舎の半弟、フラットレーは、昨年札幌で新馬を圧勝した後、5、13、8、6着。こちらも“男を捨てる”のは時間の問題か。

今週は、メイステークスに出走する5歳セン馬、アストラエンブレムに注目。2歳夏の新馬戦から4歳夏の新潟記念まで13戦連続4着以内と堅実に走ったが、毎日王冠を11着に惨敗すると、G1馬を母にもつ良血ながら、あっさり去勢された。復帰初戦の大坂城ステークスは2番人気で10着。叩き2戦目、昨年2着のこのレースでは、どんな走りを見せてくれるか…。

|

« 終わってなかった8歳馬 | Main | 上位5頭中4頭スライド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference セン馬オープン全勝デー:

« 終わってなかった8歳馬 | Main | 上位5頭中4頭スライド »