« 同一世代掲示板独占 | Main | 前走障害の平地オープンウィナー »

06/13/2018

1.1倍と6.0倍

6月10日、阪神芝1600mの新馬戦を勝ったのは、ロードカナロア×シーザリオの評判馬、サートゥルナーリア。血統、馬体、調教の三拍子が揃った同馬の単勝オッズは、なんと1.1倍だった。
86年以降、2歳新馬戦(デビュー戦のみ・02年までの「折り返しの新馬戦」を除く)を単勝1.0~1.1倍で勝った馬は、同馬が26頭目。うち以下の9頭がその後JRA重賞を、うち赤字の5頭がJRA・G1を制している。奇しくも、6月10日のエプソムカップで重賞初勝利をあげたサトノアーサーは、サートゥルナーリアの直前に2歳新馬戦を1.1倍で勝った“25頭目”である。

87/08/08 函館芝1000m サクラチヨノオー  1.0倍
92/10/17 東京ダ1400m ダンツシアトル   1.1倍
97/07/06 函館芝1200m マイネルラヴ    1.1倍
97/07/20 新潟芝1200m アイアムザプリンス 1.1倍
98/10/10 東京芝1400m メジロダーリング  1.1倍
01/12/01 阪神芝2000m ファインモーション 1.1倍
04/12/19 阪神芝2000m ディープインパクト 1.1倍
05/09/11 阪神芝2000m マルカシェンク   1.1倍
16/10/01 阪神芝2000m サトノアーサー   1.1倍

サートゥルナーリア以前の25頭のうち9頭が重賞ウィナー、5頭がG1ウィナー、2頭がダービー馬というのは、確率的にはなかなかのもの。まだキャリア11戦のサトノアーサー、大物感満点のサートゥルナーリアが、6頭目、7頭目のG1ウィナーとなる可能性も十分だ。

先週の日曜は、もうひとつ驚くべき数字に出くわした。阪神のメインレース、マーメイドステークスの単勝1番人気オッズが、なんと6.0倍! 86年以降、単勝1番人気のオッズが6倍以上だったJRA重賞は以下の9レース。当然と言うべきか、すべてハンデ戦だが、牝馬限定戦はこれが初である。

94年中京記念    ワンモアラブウエイ 6.0倍 9着
97年中京記念    ザフォリア     6.0倍 12着
02年函館記念    メイショウラムセス 6.0倍 6着
07年新潟大賞典   サイレントプライド 6.0倍 2着
09年ダービー卿CT タケミカヅチ    6.7倍 1着
09年新潟記念    アルコセニョーラ  6.3倍 5着
10年七夕賞     サイライズベガ   6.3倍 3着
15年新潟記念    ミュゼスルタン   6.1倍 16着
18年マーメイドS  レイホーロマンス  6.0倍 6着

マーメイドステークスは、個人的には難解すぎて馬券対象外のレースだったが、レイホーロマンスの単勝オッズからは目が離せなかった。締め切り直前は5.8倍くらいだったので諦めかけていたところ、最後の最後で盛り返し(?)、きっちり6倍で確定。マニア心は満たされた。万歳!

|

« 同一世代掲示板独占 | Main | 前走障害の平地オープンウィナー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/66827084

Listed below are links to weblogs that reference 1.1倍と6.0倍:

« 同一世代掲示板独占 | Main | 前走障害の平地オープンウィナー »