« 前走障害の平地オープンウィナー | Main | 伏兵6歳馬上位独占 »

06/27/2018

大幅減より大幅増

上半期総決算レースは「7→10→12」番人気という大波乱決着。「よくわからん混戦だから、よくわからん外国馬から手広く流す」という大雑把な穴狙いが正解だったか(笑)。
しかしこの外国馬ワーザーを狙っていた穴党も、当日の馬体重を見たときはさぞビビッたことだろう。前走、香港でのG3からなんと「27キロ減」。その前走は前々走から「2キロ減」なので、増えていたのが絞れたわけでもなし。南半球時代の馬体重は不明だが、香港に移籍してからはぶっちぎりの自己最低馬体重だった。

JRA平地重賞においては、一般的に「大幅減」より「大幅増」の方が走る傾向にある。00年以降の同重賞連対馬(前走がデビュー戦だった馬を除く)のうち、「前走から20キロ以上減」の馬(前走が前々走から10キロ以上増だった馬を除く)と、「前走から20キロ以上増」の馬(前走が前々走から10キロ以上減だった馬を除く)は以下のとおり。

20キロ以上減
ティコティコタック 00年秋華賞(1着)   20キロ減
ダイワテキサス   01年金鯱賞(2着)   24キロ減
メイショウカイドウ 05年北九州記念(1着) 20キロ減
ヤマニンキングリー 09年札幌記念(1着)  20キロ減
ミッキークイーン  15年クイーンC(2着) 20キロ減
クイーンズリング  15年フィリーズR(1着)20キロ減
ワーザー      18年宝塚記念(2着)  27キロ減

20キロ以上増
トロットスター   01年スプリンターズS(1着)24キロ増
テイエムオーシャン 02年札幌記念(1着)    38キロ増
カフェボストニアン 02年CBC賞(2着)    22キロ増
バランスオブゲーム 03年中山記念(2着)    24キロ増
クラフトワーク   04年東京新聞杯(2着)   20キロ増
マイネヌーヴェル  04年福島牝馬S(2着)   22キロ増
ヴァーミリアン   06年平安S(2着)     20キロ増
アドマイヤフジ   08年京都記念(2着)    20キロ増
スリープレスナイト 09年セントウルS(2着)  22キロ増
ワイルドラズベリー 10年ローズS(2着)    20キロ増
ローズキングダム  10年神戸新聞杯(1着)   22キロ増
オウケンブルースリ 10年京都大賞典(2着)   22キロ増
アイムユアーズ   12年クイーンS(1着)   24キロ増
サトノノブレス   14年日経新春杯(1着)   20キロ増
コーリンベリー   14年ユニコーンS(2着)  20キロ増
バウンスシャッセ  16年愛知杯(1着)     22キロ増
ブランボヌール   16年キーンランドC(1着) 20キロ増
ヤマカツエース   16年金鯱賞(1着)     20キロ増
プロディガルサン  17年東京新聞杯(2着)   22キロ増
エポワス      17年キーンランドC(1着) 20キロ増

「大幅減<大幅増」の原因はいろいろ考えられるが、つまるところ、“アスリート”の体重は減るより増えた方がいい、ということだろう。人間の場合、運動不足による体重増は往々にして「不健康」に直結するが、トレーニングを積みながらの体重増は「パワーアップ」とみなされる。競走馬にも同様のことが言えるのではないだろうか。もちろん馬のタイプにもよるが、大幅増の馬をハナから軽視するのは得策ではない。

結論、異国の地で27キロも減りながら2着に来たワイザーは大したものである。

今週は、ラジオNIKKEI賞に出走予定のエイムアンドエンドに注目。「8キロ減で3着に来た共同通信杯以来、4か月半以上の休み明け」という臨戦過程は、大幅増で好走の可能性を大いに感じさせるが、はたして…。

|

« 前走障害の平地オープンウィナー | Main | 伏兵6歳馬上位独占 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93032/66875130

Listed below are links to weblogs that reference 大幅減より大幅増:

« 前走障害の平地オープンウィナー | Main | 伏兵6歳馬上位独占 »