« 大幅減より大幅増 | Main | 歴史的大波乱 »

07/06/2018

伏兵6歳馬上位独占

サマースプリントシリーズ第2戦はいかにもハンデ戦という大激戦。勝ったアレスバローズのみ2着馬に11/4馬身、0.2秒の差をつけたが、2着馬からシンガリ18着馬までは前後の馬とすべて0.1秒以内差。こんなレースが順当決着のはずもなく、4歳の1番人気、5歳の2番人気、3歳の3番人気はすべて馬券圏外に飛び、1~3着は4、9、8番人気の6歳馬が占めた。
86年以降、1~3着馬がすべて4番人気以下の6歳以上馬だったJRA平地重賞は19レースあるが、そのうち12レースは1~3月のレース。4月以降に限ると、以下の7レースしかない。

89/9/17 朝日チャレンジC
6歳ハツシバエース(5人気)→6歳スリーフレーム(7人気)→6歳イチヨシマサル(12人気)

01/11/17 福島記念
7歳ミヤギロドリゴ(8人気)→6歳サイレントセイバー(13人気)→6歳バンブーマリアッチ(14人気)

11/7/24 函館記念
8歳キングトップガン(4人気)→10歳マヤノライジン(12人気)→8歳アクシオン(7人気)

12/7/15 函館記念
7歳トランスワープ(4人気)→8歳イケトップガン(8人気)→6歳ミッキーパンプキン(7人気)

15/5/10 新潟大賞典
7歳ダコール(5人気)→7歳ナカヤマナイト(13人気)→6歳アルフレード(6人気)

18/5/6 新潟大賞典
7歳スズカデヴィアス(5人気)→7歳ステイインシアトル(9人気)→6歳ナスノセイカン(11人気)

18/7/1 CBC賞
6歳アレスバローズ(4人気)→6歳ナガラフラワー(9人気)→6歳セカンドテーブル(8人気)

アレスバローズは6歳にして重賞初制覇。クラシックサイアーであるディープインパクトの産駒は総じて開花が早く、晩成タイプは少ない。6歳以上でJRA平地重賞初制覇を果たした同産駒は以下の5頭。このうち当該重賞制覇以前に重賞入着実績がなかったのは、ヴァンセンヌとアレスバローズだけである。

ヴァンセンヌ  東京新聞杯 (6歳2月)
アンドリエッテ マーメイドS(6歳6月)
アレスバローズ CBC賞  (6歳7月)
ダコール    新潟大賞典 (7歳5月)
クランモンタナ 小倉記念  (7歳8月)

サマー2000シリーズ開幕戦、七夕賞にディープインパクト産駒は参戦しないが、12頭中7頭が6歳以上。しかもおそらくすべて4番人気以下。伏兵高齢馬たちの2週連続激走はなるか…。

|

« 大幅減より大幅増 | Main | 歴史的大波乱 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伏兵6歳馬上位独占:

« 大幅減より大幅増 | Main | 歴史的大波乱 »