« 盲点の晩成大器 | Main | ハンデ重賞レコード圧勝 »

08/02/2018

単独最多の5回目

先週のクイーンステークスは、馬券とは“別腹”で、大いに注目していたレースだ。1番人気ディアドラが大外から悠々と抜け出したあとは、2着争いに目が釘付け。クビ、クビの激戦を制して、ソウルスターリング、トーセンビクトリーに先着したのは、当方の期待どおり、フロンテアクイーンだった。
これで同馬は5戦連続、通算9回目の2着。これだけでも大変な数字だが、9回のうちなんと5回は牝馬限定G3でのもの。86年以降、JRA牝馬限定G2・G3で、2着が4回以上ある馬は以下の5頭しかおらず、5回は単独最多のレコードである。

ハッピーパス
01年クイーンC 01年Fレビュー 03年阪神牝馬S 04年中山牝馬S

コスモネモシン
10年フラワーC 11年福島牝馬S 11年クイーンS 12年福島牝馬S

キャトルフィーユ
13年愛知杯 14年中山牝馬S 14年福島牝馬S 14年愛知杯

マジックタイム
14年クイーンC 16年京都牝馬S 16年府中牝馬S 17年中山牝馬S

フロンテアクイーン
16年クイーンC 17年福島牝馬S 17年ターコイズS 18年中山牝馬S 18年クイーンS

では、対して、勝ち馬はどうか。86年以降、JRA牝馬限定G2・G3の最多勝馬は、以下の5頭が4勝で並んでいる。

リキアイノーザン
88年阪神牝馬特別 89年京都牝馬特別 89年中山牝馬S 90年京都牝馬特別

ダイヤモンドビコー
01年ローズS 02年中山牝馬S 02年府中牝馬S 02年阪神牝馬S

オースミハルカ
03年チューリップ賞 03年クイーンS 04年クイーンS 04年府中牝馬S

アドマイヤキッス
06年チューリップ賞 06年ローズS 06年愛知杯 08年京都牝馬S

アイムユアーズ
11年ファンタジーS 12年Fレビュー 12年クイーンS 13年クイーンS

現在、JRA牝馬限定G2・G3は、中山で5レース、阪神で5レース、東京で4レース、京都で2レース、札幌と福島と中京で1レースずつ、計19レースが組まれている。
フロンテアクイーンはこの7場うち、中山、東京、札幌、福島で2着を達成し、残るは阪神、京都、中京。阪神牝馬ステークスorマーメイドステークス、京都牝馬ステークス、愛知杯の4レースしかチャンスはないが、まだ5歳馬なら“全場制覇”も夢じゃない。もちろん陣営は、喉から手が出るほど「1勝」が欲しいに決まっているが…。

|

« 盲点の晩成大器 | Main | ハンデ重賞レコード圧勝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 単独最多の5回目:

« 盲点の晩成大器 | Main | ハンデ重賞レコード圧勝 »