« 目覚めた大器 | Main | 2冠目惨敗からの巻き返し »

09/13/2018

秋睨む登竜門出走馬

今年の京都新聞杯は出世レース。ハイレベルだったため、ここで賞金を加算した1着馬ステイフーリッシュも2着馬アドマイヤアルバも、中2週で臨んだダービーは反動が出て惨敗したが、3着以下の馬たちはその後続々と勝ち星をあげている。

シャルドネゴールド 京都新聞杯3着→7/15シンガポールTC賞(古馬1000万)1着

グローリーヴェイズ 京都新聞杯4着→7/28佐渡S(古馬1600万)1着

メイショウテッコン 京都新聞杯5着→5/27白百合S(3歳OP)1着→7/1ラジオNIKKEI賞(3歳G3)1着

ユーキャンスマイル 京都新聞杯6着→8/19阿賀野川特別(古馬1000万)1着

タニノフランケル 京都新聞杯17着→8/19西部スポニチ賞(古馬1000万)1着

ほかにも、9着馬ケイティクレバーは8月の新潟で古馬1600万を2着。勝ったポポカテペトルは前走目黒記念4着の降級馬だから、勝ちに等しい大健闘と言っていい。

京都新聞杯の前に、シャルドネゴールドが7着、ユーキャンスマイルが6着が敗れていた毎日杯のレベルもなかなかのもの。3着馬インディチャンプは7月の中京で古馬1000万を楽勝、2着馬ギベオンはNHKマイルカップ2着、そして1着馬ブラストワンピースはダービー5着、新潟記念1着。

また、例年は地味なダービートライアル、プリンシパルステークスも、今年はレベルが高かった。1着馬コズミックフォースはダービー3着。2着馬ブレステイキングは次走古馬500万を快勝。4着馬ハッピーグリンは次走巴賞を3着、次々走古馬1000万を圧勝。8着馬アイスバブル、9着馬ジャックローズは8月の小倉で古馬500万勝ち。

菊花賞トライアル第1弾、セントライト記念は、上記ハイレベルレースを経験した5頭、ギベオン、ケイティクレバー、コズミックフォース、タニノフランケル、ブレステイキングに注目。これに1番人気必至のレイエンダを加えた6頭の争いとみるが、はたして…。

|

« 目覚めた大器 | Main | 2冠目惨敗からの巻き返し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 秋睨む登竜門出走馬:

« 目覚めた大器 | Main | 2冠目惨敗からの巻き返し »