« 秋睨む登竜門出走馬 | Main | 注目のハンデG3 »

09/20/2018

2冠目惨敗からの巻き返し

先週は、東で牡馬、西で牝馬の3冠目トライアル重賞。いずれも「前走2冠目二桁着順馬」が勝利した。春の大一番は、名実ともに、世代最高レベルのレース。夏の上り馬なぞ、そう頻繁に現れはしないため、リフレッシュした2冠目惨敗馬の秋初戦好走は、決して珍しくない。
菊花賞トライアルが東西1レースずつになった00年以降、セントライト記念と神戸新聞杯で掲示板に載った「前走ダービー二桁着順馬」は以下のとおり。

ダービー→セントライト記念
01年シンコウカリド   7人気12着→5人気1着
03年ラントゥザフリーズ 12人気16着→7人気5着
11年フェイトフルウォー 13人気13着→6人気1着
  トーセンラー    7人気11着→3人気2着
15年キタサンブラック  6人気14着→6人気1着
  ミュゼエイリアン  10人気10着→9人気2着
16年プロディガルサン  11人気10着→3人気3着
18年ジェネラーレウーノ 8人気16着→4人気1着
  グレイル      9人気14着→6人気3着
  オウケンムーン   15人気15着→10人気5着

ダービー→神戸新聞杯
04年グレイトジャーニー 14人気10着→4人気4着
05年アドマイヤジャパン 6人気10着→3人気5着
07年トーセンマーチ   15人気14着→14人気5着
09年アンライバルド   1人気12着→1人気4着
09年セイウンワンダー  3人気13着→5人気3着
10年レーヴドリアン   9人気11着→3人気5着
13年アクションスター  16人気14着→8人気4着
14年サウンズオブアース 11人気11着→8人気2着
17年サトノアーサー   5人気10着→3人気3着

セントライト記念と神戸新聞杯では明らかに異なる傾向がある。すなわち、前者の方が、勝ち負けの度合いが圧倒的に高いということ。その原因ははっきりしている。“西高東低”ゆえダービーも関西馬が強く、そのダービー好走関西馬の多くが神戸新聞杯に出走するからだ。平たく言えば、セントライト記念より神戸新聞杯の方がレベルが高いため、ダービー惨敗馬台頭の余地は当然、前者の方が大きいわけである。
それにしても、今年のセントライト記念の「3頭掲示板」は普通じゃない。しかも、前走がダービーだった馬は4頭しかおらず、14、15、16着馬が3着馬を逆転してのけた。今週の神戸新聞杯に出走予定のダービー10、11着馬は、同1、2、4、7、9着馬を相手にどこまで行けるか…。

一方、ローズステークス。秋華賞創設以降、同トライアルで掲示板に載った「前走オークス二桁着順馬」は以下のとおり。

オークス→ローズステークス
97年キョウエイマーチ  1人気11着→2人気1着
03年ピースオブワールド 3人気13着→3人気4着
04年グローリアスデイズ 5人気14着→6人気2着
10年エーシンリターンズ 7人気14着→5人気3着
12年トーセンベニザクラ 11人気10着→4人気5着
  キャトルフィーユ  7人気14着→5人気4着
15年レッツゴードンキ  2人気10着→3人気4着
16年アットシーサイド  4人気11着→3人気5着
18年カンタービレ    7人気13着→5人気1着

牡牝2冠目二桁着順から巻き返して3冠目トライアルを好走した上記馬のうち、3冠目を制したのはキタサンブラックのみ。怪物級でもないかぎり至難の業だが、ジェネラーレウーノ、グレイル、オウケンムーン、カンタービレははたして…。

|

« 秋睨む登竜門出走馬 | Main | 注目のハンデG3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2冠目惨敗からの巻き返し:

« 秋睨む登竜門出走馬 | Main | 注目のハンデG3 »