« 2冠目惨敗からの巻き返し | Main | 早くも8つ目の銀メダル »

09/28/2018

注目のハンデG3

「中山4歳ステークス」の名称で創設されたのは52年。当初2回は皐月賞の前哨戦に位置づけられたが、3回目からダービー後の6月下旬~7月上旬に移行。舞台を福島に移したのは79年から。それに伴い名称は「ラジオたんぱ賞」に。
俗に“残念ダービー”と称されるようになったのは、55年から67年まではダービー馬が出走できず、敗者復活戦の趣があったため。その後、外国産馬が出られたり出られなかったり、特別指定交流競走に指定されたり、外国馬も出走可能になったりと、出走資格は二転三転。一方、福島芝1800mという条件は79年から不変(代替開催を除く)。ハンデ戦になったのは06年から。合わせて名称は「ラジオNIKKEI賞」に変わった。

かくして“残念ダービーも今は昔”となった3歳限定ハンデG3だが、近年はちょっとした出世レースとなっている。06年以降の勝ち馬とその次走、後に制した重賞は以下のとおり。

06年 タマモサポート   → 神戸新聞杯    11着 09年中山金杯
07年 ロックドゥカンブ  → セントライト記念 1着
08年 レオマイスター   → 富士ステークス  8着
09年 ストロングガルーダ → 富士ステークス  8着
10年 アロマカフェ    → セントライト記念 3着
11年 フレールジャック  → 神戸新聞杯    3着
12年 ファイナルフォーム → 富士ステークス  2着
13年 ケイアイチョウサン → セントライト記念 5着
14年 ウインマーレライ  → 毎日王冠     11着
15年 アンビシャス    → 毎日王冠     6着 16年産経大阪杯
16年 ゼーヴィント    → セントライト記念 2着 17年七夕賞
17年 セダブリランテス  → ARG共和国杯  3着 18年中山金杯
18年 メイショウテッコン → 神戸新聞杯    3着

次走、菊花賞トライアルに向かった馬は、ほぼ馬券圏内。これはすごい。ただし14年のウインマーレライまでは、次走に関わらず重賞2勝目が遠かったが、過去3年の勝ち馬はいずれも翌年、古馬重賞を制覇。昨年のセダブリランテスに至っては、次走がなんとアルゼンチン共和国杯3着だった。
神戸新聞杯でダービー1、4着馬に次ぎ、ダービー2着の皐月賞馬に先着した今年のメイショウテッコンも、重賞2勝目に向かって前途洋々だ。

|

« 2冠目惨敗からの巻き返し | Main | 早くも8つ目の銀メダル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 注目のハンデG3:

« 2冠目惨敗からの巻き返し | Main | 早くも8つ目の銀メダル »