« 超大物2歳牝馬現る | Main | 6回目の2着と6回目の重賞3着 »

10/18/2018

驚愕の3冠圧勝

またまたまた異次元の強さを見せつけたアーモンドアイ。牝馬3冠制覇は史上5頭目だが、3冠すべて0.2秒以上差で制したのは、以下のごとく同馬だけである。

メジロラモーヌ   桜花賞0.3秒差 オークス0.4秒差 エリザベス女王杯0.1秒差
スティルインラブ  桜花賞0.2秒差 オークス0.2秒差 秋華賞0.1秒差
アパパネ      桜花賞0.1秒差 オークス同着   秋華賞0.1秒差
ジェンティルドンナ 桜花賞0.1秒差 オークス0.8秒差 秋華賞同タイム
アーモンドアイ   桜花賞0.3秒差 オークス0.3秒差 秋華賞0.2秒差

京都内回りの秋華賞は着差がつきにくく、過去0.3秒以上差で勝ったのは、メジロドーベル(0.4秒差)とファインモーション(0.6秒差)のみ。アーモンドアイのすごいところは、4角12番手からの0.2秒(11/2馬身)差Vだったこと。過去4角10番手以下から差し切り勝ちを決めたのはスイープトウショウだけで、同馬は0.1秒(1/2馬身)差Vだから、アーモンドアイの勝ちっぷりは尋常じゃない。

アーモンドアイはシンザン記念を0.6秒差で圧勝しているため、0.2秒以上差Vは通算4回。86年以降、0.2秒以上差でJRA平地重賞を4回以上勝った3歳牝馬は以下の6頭だけである。

<5回>
シーキングザパール デイリー杯3歳S シンザン記念 フラワーC NZT4歳S NHKマイルC

<4回>
マックスビューティ 桜花賞 4歳牝馬特別 オークス 神戸新聞杯
ヒシアマゾン    阪神3歳牝馬S クリスタルC クイーンS ローズS
メジロドーベル   阪神3歳牝馬S オークス オールカマー 秋華賞
メイショウマンボ  フィリーズレビュー オークス 秋華賞 エリザベス女王杯
アーモンドアイ   シンザン記念 桜花賞 オークス 秋華賞

今後は牝馬限定レースには目もくれず、牡馬相手の王道を歩むであろう3冠牝馬は、鞍上曰く「今の日本で一番強い」。休み明けの秋華賞はジャパンカップへの叩き台。5走連続で0.2秒差以上Vの可能性は十分とみる。
それにしても、ロードカナロアはいきなり途方もない大物を送り出したものである。

|

« 超大物2歳牝馬現る | Main | 6回目の2着と6回目の重賞3着 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 驚愕の3冠圧勝:

« 超大物2歳牝馬現る | Main | 6回目の2着と6回目の重賞3着 »