« 6回目の2着と6回目の重賞3着 | Main | ディープ産駒ダートG1初制覇 »

10/31/2018

新馬大本命V

86年以降、JRA新馬戦で単勝1.0~1.1倍に支持された馬は111頭。そのうち73頭は、同一開催内なら3回まで出走できた時代の、いわゆる「折り返しの新馬戦」に出走した馬。デビュー戦に限ると38頭しかいない。
その38頭の成績は「29-2-3-4」で、勝率76.3%・連対率81.6%・3着内率89.5%。全クラストータルが、勝率81.7%・連対率90.9%・3着内率95.7%だから、やはりと言うべきか、キャリア0戦の大本命は比較的妙味薄だ。
勝ち馬29頭のうち、芝で勝ったのは18頭、ダートは11頭。芝1600m以上戦に限ると以下の8頭しかない(赤字は牝馬)。

エイシンコジーン  99/10/17 京都芝1600m 1.1倍 武豊
ファインモーション 01/12/01 阪神芝2000m 1.1倍 武豊
カフェデロリアン  02/10/12 中山芝1600m 1.1倍 岡部幸雄
オペラシチー    04/02/08 小倉芝2000m 1.1倍 O・ペリエ
ディープインパクト 04/12/19 阪神芝2000m 1.1倍 武豊
マルカシェンク   05/09/11 阪神芝2000m 1.1倍 福永祐一
サトノアーサー   16/10/01 阪神芝2000m 1.1倍 川田将雅
サートゥルナーリア 18/06/10 阪神芝1600m 1.1倍 M・デムーロ

2000mで大本命になった4頭はすべて、2戦目も勝ち、重賞ウィナーになっており、ファインモーションとディープインパクトに至っては無敗でG1制覇。
対して、マイルで大本命になった3頭のうち、エイシンコジーンとカフェデロリアンは2戦目もオープンも勝てず引退。2戦目のオープンを1.2倍で大楽勝したサートゥルナーリアは、“マイル組”から生まれた初の超大物になりそうだ。ちなみに、マイル未満の新馬戦を1.0~1.1倍で勝ったG1馬には、サクラチヨノオー(函館芝1000m)、ダンツシアトル(東京ダート1400m)、マイネルラヴ(函館芝1200m)らがいる。

一方、38頭のうち負けた9頭は以下のとおり(赤字は牝馬)。

ニホンピロエイブル 89/08/13 函館ダ1000m 1.1倍 岡潤一郎 2着
ビバリーヒルズ   90/07/15 新潟芝1000m 1.1倍 寺島祐治 4着
エアダブリン    93/10/09 東京芝1800m 1.1倍 岡部幸雄 5着
ブリッソモ     02/11/30 阪神ダ1400m 1.0倍 武豊   4着
タイキシュヴァリエ 03/01/06 京都ダ1400m 1.1倍 河内洋  2着
シーキングザダイヤ 03/12/06 阪神芝1400m 1.1倍 武豊   5着
コンゴウダイオー  06/06/18 函館芝1200m 1.1倍 藤田伸二 3着
スピーディセイコー 07/09/29 中山芝1200m 1.1倍 二本柳荘 3着
ソルドラード    18/08/04 新潟芝1600m 1.1倍 ルメール 3着

このうち、2戦目ですんなり勝ち上がったのは5頭だけで、ブリッソモとコンゴウダイオーは3戦目、ビバリーヒルズは4戦目で初勝利。残る1頭、今年11年ぶりの敗退馬となったソルドラードは、1.3倍に支持された2戦目をハナ差で2着に敗れたあと剥離骨折が判明し、休養中。レイデオロを兄に、ロードカナロアを父にもつ超良血馬の片目が開くのはいつの日か…。

|

« 6回目の2着と6回目の重賞3着 | Main | ディープ産駒ダートG1初制覇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新馬大本命V:

« 6回目の2着と6回目の重賞3着 | Main | ディープ産駒ダートG1初制覇 »