« 注目のハンデG3 | Main | 超大物2歳牝馬現る »

10/04/2018

早くも8つ目の銀メダル

スプリンターズステークスは絵に描いたようなヒモ荒れ決着。1番人気ファインニードルは順当に「春秋連覇」を達成したが、単勝3.4倍の2番人気、単勝10~15倍の3~8番人気はすべて馬券圏外に飛び、単勝30倍以上の二桁人気馬が2、3、4着。
この激走馬3頭の中で特に目を引いたのは、G1昇格以降3頭目の「3歳牝馬V」を惜しくもクビ差で逃したラブカンプーだ。まだ3歳、キャリア13戦にして、これがなんと8回目の2着。86年以降、芝の2~3歳戦で8回以上2着がある馬(アラブを除く)は以下の7頭。牝馬では2頭目の怪挙である。

<12回>
サイレントクルーズ  98~99年 新馬・未勝利11回

<9回>
ロイスアンドロイス  92~93年 新馬2回・未勝利3回・500万2回・セントライト記念

<8回>
メテオシャワー   97~98年 未勝利3回・500万5回
ネオレボルーション 08~09年 新馬・未勝利・500万6回
ブループルチェッラ 11~12年 未勝利8回
ラブカンプー    17~18年 新馬・未勝利2回・紅梅S・葵S・アイビスSD・セントウルS・スプリンターズS

残念ながらラブカンプーは年内休養。来年以降は、通算2着回数がどこまで伸びるかに注目したいが、サイレントクルーズの壁は相当厚い。新馬と未勝利だけで12回も2着がある同馬は(勝ち上がりに丸1年、20戦を要した)、さらに4歳以降、500万で5回、1600万で1回、2着を積み重ね、通算なんと18回。これはエリモマキシムと並んで、芝ダート問わず86年以降の最多タイ。平地に限れば単独最多である。
この大記録はさすがにハードルが高いので、ラブカンプーには「牝馬による平地オープン2着」の記録更新を期待したい。86年以降最多の8回(ダンスパートナー&イクノディクタス)まであと3回。十分射程圏内だろう。もちろん、陣営には大きなお世話だが(笑)。

|

« 注目のハンデG3 | Main | 超大物2歳牝馬現る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 早くも8つ目の銀メダル:

« 注目のハンデG3 | Main | 超大物2歳牝馬現る »