« 上位4頭同タイム | Main | まさかのスウェプトオーヴァーボード »

11/28/2018

娘もすごいが父もすごい

今や国内最高峰レースとは言い難くなったジャパンカップだが、「2分20秒6」の超絶レコードで勝ったアーモンドアイの強さは間違いなく世界レベル。そのインパクトは至るところで語られているので、ここでは父ロードカナロアのすごさをデータで示したい。
ファーストクロップからいきなり3冠馬を送り出した同サイアーは、セカンドクロップからも続々と活躍馬を輩出。現時点で、種牡馬デビュー当初2年のオープン実績(ファーストクロップの2、3歳時実績+セカンドクロップの2歳時実績)をディープインパクトのそれと比較すると、以下のとおりである。

ディープインパクト(2010~11年)

14-14-21-111 勝率.088 連体率.175 複勝率.306

10年2歳世代  74頭出走  41勝 2歳リーディング1位
11年2歳世代  79頭出走  35勝 2歳リーディング1位
11年3歳世代 127頭出走 100勝
11年トータル 206頭出走 135勝 総合リーディング2位

<重賞勝利>
10年ラジオNIKKEI杯 ダノンバラード
11年きさらぎ賞   トーセンラー
11年桜花賞     マルセリーナ
11年安田記念    リアルインパクト
11年ラジオNIKKEI賞 フレールジャック
11年レパードS   ボレアス
11年東京スポーツ杯 ディープブリランテ
11年阪神JF    ジョワドヴィーヴル
11年ラジオNIKKEI杯 アダムスピーク


ロードカナロア(2017~18年)

17-6-2-55 勝率.213 連対率.288 複勝率.313

17年2歳世代  86頭出走 37勝 2歳リーディング2位
18年2歳世代  90頭出走 31勝 2歳リーディング2位
18年3歳世代 144頭出走 66勝 
18年トータル 234頭出走 97勝 総合リーディング6位

<重賞勝利>
18年シンザン記念 アーモンドアイ
18年スプリングS ステルヴィオ
18年桜花賞    アーモンドアイ
18年オークス   アーモンドアイ
18年新潟2歳S  ケイデンスコール
18年小倉2歳S  ファンタジスト
18年秋華賞    アーモンドアイ
18年京王杯2歳S ファンタジスト
18年マイルCS  ステルヴィオ
18年ジャパンC  アーモンドアイ
18年京阪杯    ダノンスマッシュ

クラシックサイアーとして絶大な期待を寄せられていたディープインパクトの場合、当然のことながら、当初から2、3歳オープンに出走する産駒は多く、のべ160頭。対して、クラシックはさほど期待されていなかったであろうロードカナロアの場合、あと1開催残す時点で、のべ80頭。前者のちょうど半分である。
しかし、この80頭のロードカナロア産駒はとんでもなく粒揃い。複勝率は大差ないが、勝率も連対率も160頭のディープインパクト産駒を大きく上回り、オープン2勝以上馬は、ディープインパクト産駒の2頭(トーセンレーヴ・マルセリーナ)に対し、5頭(アーモンドアイ・ステルヴィオ・ダノンスマッシュ・アンヴァル・ファンタジスト)。まさかのクラシック路線でスーパーホースを、本来のマイル以下路線で早くも古馬G1ウィナーを輩出。繁殖牝馬の質がさらに上がる今後は、その万能ぶりに拍車がかかることだろう。
年内のG1は、朝日杯FSにケイデンスコールとファンタジストが、ホープフルステークスにサートゥルナーリアが出走予定。ロードカナロア産駒3(4)頭目のG1ウィナーは誕生するか、要注目だ。

|

« 上位4頭同タイム | Main | まさかのスウェプトオーヴァーボード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 娘もすごいが父もすごい:

« 上位4頭同タイム | Main | まさかのスウェプトオーヴァーボード »