« 新馬大本命V | Main | サンライズライバル »

11/08/2018

ディープ産駒ダートG1初制覇

18回目にして初のJRA開催となったJBC、ジャパンブリーディングファームズカップは、G1×3のお祭り。「スプリント」ではルメールのG1騎乗機会4連勝に、「クラシック」ではケイティブレイブの強さに驚嘆。そして、最後の「レディスクラシック」でもちょっとしたサプライズが待っていた。
1番人気ラビットランを差し返したアンジュデジールの父はディープインパクト。この“芝王道サイアー”のJRA主催ダート重賞勝ちは、なんと7年ぶり2回目のことで、ダートG1は初勝利。極端なまでの「芝偏重」は、JRA通算成績の芝・ダート内訳からも一目瞭然である。

芝   1564-1363-1148-7481 勝率.135 連対率.253 3着内率.353
ダート  153- 159- 172-1432 勝率.080 連対率.163 3着内率.253

重賞に限ると以下のとおり。

芝   180-187-168-1135 勝率.108 連対率.220 3着内率.320
ダート  2- 0- 1- 19 勝率.091 連対率.091 3着内率.136

JRA主催ダート重賞には、わずか15頭で計22レースに出走。そのうち掲示板に載ったのは以下の7頭。

ボレアス      11年ユニコーンS 3着
ボレアス      11年レパードS  1着
ドラゴンフォルテ  13年マーチS   5着
グランプリブラッド 14年エルムS   4着
タムロミラクル   17年みやこS   4着
アンジュデジール  18年エルムS   5着
アンジュデジール  18年JBCレディスクラシック 1着

アンジュデジールは、今回のJBCレディクラシック制覇以前にも、昨年7月のスパーキングレディーカップ(Jpn3・川崎)、今年3月のエンプレス杯(Jpn2・川崎)、4月のマリーンカップ(Jpn3・船橋)と、交流重賞を3勝。ほかに交流重賞を勝ったディープインパクト産駒はいないから、ダート重賞計4勝はダントツである。

かくもダートと縁がないスーパーサイアーだが、「2世種牡馬」の中に、早くもダート重賞勝ち産駒を送り出した馬がいる。奇しくもJBCの3日前、門別競馬場で開催された北海道2歳優駿(Jpn3)を、ダノンバラードのファーストクロップ、ウィンターフェルが制したのだ。
ダノンバラードは、ボレアスと同じディープインパクトファーストクロップ。ボレアスが「ダート重賞初タイトル」なら、こちらは「重賞初タイトル」を父に贈った孝行息子。自身のダート実績は、通算26戦目のラストラン、アンタレスステークス14着だけというのが、血統の面白いところである。

ちなみに、ディープインパクト産駒の障害重賞成績は、ここまで「5-1-6-10」で、勝率.227、連対率.273、3着内率.545。出走馬は7頭で、勝ち馬はメイショウブシドウタイセイドリームレッドキングダムの3頭のみという少数精鋭だ。

|

« 新馬大本命V | Main | サンライズライバル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ディープ産駒ダートG1初制覇:

« 新馬大本命V | Main | サンライズライバル »