« またまた二桁人気馬トライアルV | Main | 2勝目も9番人気 »

03/28/2019

大敗後の大激走

春G1シリーズ開幕戦、高松宮記念は、3→12→17番人気の大波乱決着。3連単4,497,470円は、JRA・G1歴代5位の高配当。この3頭のうち個人的に最も目を引いたのは、2着のセイウンコウセイだ。
一昨年の勝ち馬がここまで人気を落としてしまった原因は、近走の大不振。昨年、函館スプリントステークスで前年高松宮記念以来の勝ち星をあげたあと、スプリンターズステークス8番人気12着、JBCスプリント7番人気14着、シルクロードステークス5番人気15着。G1で通用しなくなり、昨年2着のG3でも大敗した馬がここで巻き返すことは、大方のファンにとって想定外だった。
86年以降、JRAのレースで二桁着順に敗れたあと、JRAの牡牝混合平地G1で連対を果たした馬はのべ42頭を数える。そのうち29頭は前走がG1。G1以外だったのは以下の13頭である。

メジロデュレン   87年鳴尾記念  10着→87年有馬記念  1着(10番人気)
ミスターシクレノン 89年中京記念  11着→89年天皇賞春  2着(16番人気)
グラスエイコウオー 01年NZT   14着→01年NHKMC 2着(13番人気)
ファストタテヤマ  02年札幌記念  13着→02年菊花賞   2着(16番人気)
サンライズジェガー 03年阪神大賞典 10着→03年天皇賞春  2着(8番人気)
ペールギュント   07年中山記念  13着→07年高松宮記念 2着(13番人気)
エリモエクスパイア 07年日経賞   10着→07年天皇賞春  2着(11番人気)
フローテーション  08年神戸新聞杯 12着→08年菊花賞   2着(15番人気)
ローレルゲレイロ  09年セントウルS  14着→09年スプリンターズS 1着(6番人気)
ビートブラック   12年阪神大賞典 10着→12年天皇賞春  1着(14番人気)
アルフレード    12年スプリングS 12着→12年NHKMC 2着(3番人気)
ストレイトガール  14年函館SS  11着→14年スプリンターズS 2着(2番人気)
セイウンコウセイ  19年シルクロードS 15着→19年高松宮記念 2着(12番人気)

この13頭のうち2走前も二桁着順に敗れていたのは、ファストタテヤマ(02年ダービー15着)、サンライズジェガー(03年京都記念12着)、ペールギュント(07年京都金杯12着)、ローレルゲレイロ(09年安田記念15着)の4頭。前3走とも二桁着順だったのはセイウンコウセイだけだ。この怪記録、おいそれとは破られまい。
ちなみに、牝馬限定G1を含むと、ホエールキャプチャがとんでもない記録を持っている。12年のヴィクトリアマイルを勝ったあと(ここまで掲示板外なし)、14→11→10→13→14着ときて、13年のヴィクトリアマイルを2着。消長の激しい牝馬とはいえ、常識外れと言うほかない“超絶巻き返しV”である。



|

« またまた二桁人気馬トライアルV | Main | 2勝目も9番人気 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« またまた二桁人気馬トライアルV | Main | 2勝目も9番人気 »