« 完全無欠の1冠目 | Main | 暗雲漂う激走馬 »

04/30/2019

ワンシーズン1走の名馬

平成から令和への節目に生まれた新たなトレンドが「G1ぶっつけ」。キャリア3戦、ラジオNIKKEI賞以来の休み明けで菊花賞を制したフィエールマンが、平成最後のG1もまたまたステップレースを使わず勝ち取った。
86年以降、キャリア3戦以下で3歳G1を勝った馬は、今年のグランアレグリアとサートゥルナーリアを含め、23頭を数える。レース別内訳は、桜花賞10頭、皐月賞9頭、NHKマイルカップ1頭、オークス1頭、ダービー1頭、そして菊花賞1頭。唯一、秋の3冠目をキャリア3戦で制したフィエールマンの記録は、実質ダントツと言っていい。
今回は、古馬G1をキャリア5戦で制覇。86年以降、キャリア6戦以下で勝った馬は以下の10頭で、5戦は最少タイである。

<キャリア6戦>
バブルガムフェロー
新馬3着→新馬1着→府中3歳S1着→朝日杯3歳S1着→スプリングS1着→毎日王冠3着→天皇賞秋1着

タイキシャトル
未勝利1着→500万1着→菖蒲S1着→菩提樹S2着→ユニコーンS1着→スワンS1着→マイルCS1着

エルコンドルパサー
新馬1着→500万1着→共同通信杯1着→NZトロフィー4歳S1着→NHKマイルC1着→毎日王冠2着→ジャパンC1着

グラスワンダー
新馬1着→アイビーS1着→京成杯3歳S1着→朝日杯3歳S1着→毎日王冠5着→アルゼンチン共和国杯6着→有馬記念1着

モーニン
未勝利1着→500万1着→1000万1着→1600万1着→武蔵野S3着→根岸S1着→フェブラリーS1着

アーモンドアイ
新馬2着→未勝利1着→シンザン記念1着→桜花賞1着→オークス1着→秋華賞1着→ジャパンC1着

ブラストワンピース
新馬1着→500万1着→毎日杯1着→ダービー5着→新潟記念1着→菊花賞4着→有馬記念1着

<キャリア5戦>
ファインモーション
新馬1着→500万1着→1000万1着→ローズS1着→秋華賞1着→エリザベス女王杯1着

リアルインパクト
新馬1着→京王杯2歳S2着→朝日杯FS2着→NZトロフィー11着→NHKマイルC3着→安田記念1着

フィエールマン
新馬1着→500万1着→ラジオNIKKEI賞2着→菊花賞1着→AJC杯2着→天皇賞春1着

この10頭のうち、当該G1を4歳で勝ったのはフィエールマンのみ。ここでも同馬の記録は際立っている。
種牡馬価値を高めるためには2000~2500mのG1も勝っておきたいところだが、デビュー以来ほぼ3か月に1走ペースなので、宝塚記念はおそらく回避。今後は「凱旋門賞」「札幌記念→ジャパンカップ」「オールカマー→有馬記念」の3択とみる。もちろん、アーモンドアイ、サートゥルナーリアとの兼ね合いで決まることではあるが…。

|

« 完全無欠の1冠目 | Main | 暗雲漂う激走馬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 完全無欠の1冠目 | Main | 暗雲漂う激走馬 »