« 2冠目激走馬 | Main | 2強では決まらない »

05/29/2019

酷量克服ならず

大本命4着の衝撃がまだ残る東京最終レースで、さらにもうひとつ、驚きの敗退が。ブラストワンピースの目黒記念8着惨敗だ。
サートゥルナーリアの敗因は複合的だが、こちらは「59キロ」がほぼすべて。00年以降のハンデ重賞は、出走頭数を確保するためか、動物愛護の精神からか、そもそも一線級の参戦が少なくなったのか、いわゆる“酷量”が激減している。
86年以降のJRA芝ハンデ重賞で59キロ以上を課されたのべ83頭の「年代別内訳」は、以下のとおり(出走取消を除く)。

86~89年 18頭
90~99年 49頭
00~09年 10頭
10~19年 6頭

86~89年は4年間で18頭だから、単純計算で10年だと45頭。00年以降に比べるとやはり桁違いに多い。

83頭の成績は「12-12-9-50」「勝率.145・連対率.289・複勝率.398」とまずまず。勝ち馬12頭は以下のとおりだ。

88年京阪杯     トウショウレオ   1番人気 59.5㎏ 
89年鳴尾記念    ミスターシクレノン 1番人気 59㎏
89年ステイヤーズS スルーオダイナ   1番人気 59㎏
90年ダイヤモンドS スルーオダイナ   1番人気 61㎏
91年金杯(東)    カリブソング    5番人気 59㎏
91年目黒記念    カリブソング    3番人気 60.5㎏
92年ダイヤモンドS ミスターシクレノン 6番人気 59㎏
95年ダイヤモンドS エアダブリン    1番人気 59㎏
99年日経新春杯   メジロブライト   1番人気 59.5㎏
00年新潟記念    ダイワテキサス   1番人気 59㎏
03年新潟大賞典   ダンツフレーム   1番人気 59㎏
06年七夕賞     メイショウカイドウ 3番人気 59㎏

83頭中21頭の1番人気は、「8-1-3-9」「勝率.381・連対率.429・複勝率.571」。信頼度は抜群だが、以下の6頭が掲示板すら外している。

88年福島記念    スピードヒーロー  11着 59㎏
91年AR共和国杯  ホワイトストーン  15着 60㎏
92年福島記念    ホワイトストーン  9着 59.5㎏
02年シルクロードS トロットスター   6着 59.5㎏
06年小倉記念    メイショウカイドウ 6着 59.5㎏
19年目黒記念    ブラストワンピース 8着 59㎏

83頭のうち、当該ハンデ重賞の時点で古馬G1を勝っていたのは、以下の9頭。

94年日経新春杯   メジロパーマー   2番人気2着 60.5㎏
96年京阪杯     ネーハイシーザー  7番人気3着 59㎏
99年日経新春杯   メジロブライト   1番人気1着 59.5㎏
02年シルクロードS トロットスター   1番人気6着 59.5㎏
03年新潟大賞典   ダンツフレーム   1番人気1着 59㎏
04年京都金杯    イーグルカフェ   8番人気12着 59㎏
11年ダービー卿CT ショウワモダン   10番人気7着 59㎏
12年AR共和国杯  ビートブラック   7番人気4着 59㎏
19年目黒記念    ブラストワンピース 1番人気8着 59㎏

2番人気以下だった5頭はすべて敗退。トロットスターは1番人気だったが休み明け。大阪杯を叩いて臨んだ1番人気のグランプリホース、ブラストワンピースの8着は、いくらなんでも負けすぎだろう。
06年七夕賞のメイショウカイドウ以来、絶えて久しい“酷量V”。次の快挙はいつになることか…。

|

« 2冠目激走馬 | Main | 2強では決まらない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2冠目激走馬 | Main | 2強では決まらない »