« 希少な2勝と連勝 | Main | ジンクスに挑む良血馬 »

06/27/2019

フロックじゃない牝馬V

ファン投票1位のアーモンドアイに替わってと言うべきか、宝塚記念は“紅一点”が制覇。絶好調レーン鞍上のリスグラシューが、3馬身差の圧勝で上半期を締め括った。グレード制導入以降、2000m以上の牡牝混合JRA・G1を勝った日本調教牝馬は、同馬が11頭目となる。

ジェンティルドンナ 12年ジャパンC(3人気) 13年ジャパンC(1人気) 14年有馬記念 (4人気)
ウオッカ      07年ダービー (3人気) 08年天皇賞秋 (1人気) 09年ジャパンC(1人気)
ブエナビスタ    10年天皇賞秋 (1人気) 11年ジャパンC(2人気)
エアグルーヴ    97年天皇賞秋 (2人気)
スイープトウショウ 05年宝塚記念 (11人気)
ヘヴンリーロマンス 05年天皇賞秋 (14人気)
ダイワスカーレット 08年有馬記念 (1人気)
ショウナンパンドラ 15年ジャパンC(4人気)
マリアライト    16年宝塚記念 (8人気)
アーモンドアイ   18年ジャパンC(1人気)
リスグラシュー   19年宝塚記念 (3人気)

上記16レースのうち11レースは、東京競馬場で行われるダービー、天皇賞秋、ジャパンカップ。いずれも格高レースだが、軽い芝コースが牝馬に向いていることは間違いない。
対して、開催末期の阪神、中山で行なわれるグランプリは、牝馬にはかなりタフな条件。フロックで勝てるほど甘くない。有馬記念を1番人気で制したジェンティルドンナとダイワスカーレットだけでなく、宝塚記念を人気薄で制したスイープトウショウとマリアライトも、ほかにG1を勝っている。上記11頭のうち、当該レースが唯一のG1タイトルなのは、天皇賞秋を14番人気で制したヘヴンリーロマンスだけである。

ジェンティルドンナ 12年桜花賞  12年オークス 12年秋華賞  14年ドバイSC
ウオッカ      06年阪神JF 08年安田記念 09年Vマイル 09年安田記念
ブエナビスタ    08年阪神JF 09年桜花賞  09年オークス 10年Vマイル
エアグルーヴ    96年オークス
スイープトウショウ 04年秋華賞  05年エリ女杯
ヘヴンリーロマンス
ダイワスカーレット 07年桜花賞  07年秋華賞  07年エリ女杯
ショウナンパンドラ 14年秋華賞
マリアライト    15年エリ女杯
アーモンドアイ   18年桜花賞  18年オークス 18年秋華賞  19年ドバイT
リスグラシュー   18年エリ女杯

次に有力牝馬が出走する「2000m以上牡牝混合JRA・G1」は天皇賞秋。コックスプレートとの兼ね合いで、アーモンドアイかリスグラシューが参戦するだろう。いずれが勝っても、ジェンティルドンナとウオッカに次ぎ、ブエナビスタに並ぶ“V2”となるが、はたして…。

|

« 希少な2勝と連勝 | Main | ジンクスに挑む良血馬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 希少な2勝と連勝 | Main | ジンクスに挑む良血馬 »