« ジンクスに挑む良血馬 | Main | もっとチャンスを »

07/11/2019

古馬ダート界に新星

中京競馬場で開催される3つのダート重賞のうちのひとつ、プロキオンステークスは、前年圧勝、前走ドバイG12着のマテラスカイが人気を集めたが、完敗の5着。勝ったのは2番人気の4歳馬、アルクトスだった。
これで同馬は、別定のオープンを3連勝。この実績はかなり価値が高い。86年以降、ハンデ戦を除くJRAダート古馬オープンを3勝以上した馬は62頭を数えるが、4歳で3勝した馬となると、以下の9頭のみ(赤字は重賞)。3連勝を果たしたのは、ローマンレジェンドに次いで2頭目の快挙である。

カリブソング    90年ガーネットS 神無月S    アンドロメダS
ローリエアンドレ  93年タイムス杯  アンドロメダS ウインターS
バトルライン    97年銀嶺S    プロキオンS  エルムS
タガノフォーティ  02年仁川S    オアシスS   ペルセウスS
ケイアイガーベラ  10年プロキオンS エニフS    ギャラクシーS
ローマンレジェンド 12年ジュライS  エルムS    みやこS
ベストウォーリア  14年すばるS   オアシスS   プロキオンS
ノボバカラ     16年コーラルS  プロキオンS  カペラS
アルクトス     19年オアシスS  欅S      プロキオンS

アルクトス以前の8頭のうち3頭は、同年その後、G1(Jpn1)に出走し、すべて連対を果たしている。

バトルライン   →南部杯  2着
ローマンレジェンド→東京大賞典1着
ベストウォーリア →南部杯  1着

アルクトスはダートの1400~1700mで「7-1-0-0」。今年この条件で行なわれる別定オープンは、残すところ、エルムステークス(札幌ダ1700mG3)、エニフステークス(阪神ダ1400m)、グリーンチャンネルカップ(東京ダ1400m)、武蔵野ステークス(東京ダ1600mG3)、福島民友カップ(福島ダ1700m)、ギャラクシーステークス(阪神ダ1400m)の6レース。単独最多の“V4”は十分ありそうだ。
G1(Jpn1)は、1800mのチャンピオンズカップより、今年は浦和競馬場の1400mで行なわれるJBCスプリントが適鞍。3頭の先輩同様、勝ち負けを演じることだろう。

|

« ジンクスに挑む良血馬 | Main | もっとチャンスを »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ジンクスに挑む良血馬 | Main | もっとチャンスを »